大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

・投資でかんがえたこと

個別株投資家が勧めるインデックス投資

最近インデックス投資の勧めみたいな本を読んだんですよ それで言わんとすることはわかったんだけど、個別株投資をやる自分としてはいろいろここはこうじゃないか?とか思うことがあったりしたわけです。 自分は以下のような記事も書いてる手前(ポジション…

焦りの源泉

質問されたわけです。 質問箱で。 peing.net 回答はTwitterですが、質問はTwitterアカウントなくてもできる質問箱です。 その中で答えたことで思う投資の焦りの話。 受けた質問と答えた内容は以下です。 Q Aまず2年でそれは複利ベースで18%以上あり遅いペー…

投資と投機

投資と投機を何を持って区別するか? みたいな話があります。 それってどう分ければいいんだろう?みたいなことを考えてみるという話。 正しく概念とか定義の話なので興味ない方はスルーでいいんじゃないかな。 自分はこういう事をしっかり整理してたほうが…

インプットレベル

ある日ですが優待クロスの動画がバズった?わけです。 www.youtube.com これね。 株式に詳しい投資家さん(特にTwitterなどにたむろしている人たち)には既知といえる内容だと思うのですが、詳しそうな人たちとそうでもない人たちの反応を見て思ったことの話…

見たいものは書いてある場所から探しましょう

企業分析をして株価が上がらないと不思議がってる人がいます。 いや、自分はあまり見た記憶なかったりしますが、そのような感じに言う人も多いのでそこそこいるのでしょう。 そんな話題から始まる見ないものは見えないよね?という話。 企業分析しても株価は…

評価と期待と割安割高

投資で判断するにあたり 頻出するワードというものがあると思うんですよね。 すなわち・・ 評価が高い低い 期待されてるされてない 値段が高い安い(割安割高) それらについて考えてみようという話。 これらは違うことを指しているのでしょうか? 評価が高…

正しき世界(後編)

正しき世界 という記事をあげたんですがそれの続きの話。後編。 kamomenotoushi.hatenablog.com 今後こうなるだろうという楽しくもそして今の所妄想な・・・ 正しき世界にあるだろう意味とそして正しき世界が作るだろう未来の話。 まずはこれを見ていただき…

正しき世界(前編)

最近考えるようになってきたのですが リーマン・ショック時は株価が安かった。 そのようなことを言う人も多いのではないでしょうか。 でもいろいろ調べて来た結果・・ そうでもなくね?って思ったことだし・・ 株式って言うほど安くなったり高くなったりしな…

投資は結果がすべてではない

投資は結果がすべてである とか言ってる人は多いです。 ついったとかで言われてたらイイネがたくさんついてたりとかもするね。 そんな中で思う話。 投資は結果がすべてはちょっと違うんじゃないかな?ってところだし、むしろ結果がすべてとするのは危険に思…

投資初心者は増えなくていい

初心者はどんな投資手法がいいのか論議 というものがあるんですよ。 かぶ1000さんが提唱されたテーマになると思いますがあるんです。 このテーマからとかそれ以前も近いテーマの記事は書いてますがそれに類したりつながったりする話。 kamomenotoushi.hatena…

手段と目的

皆様お金欲しいですか? とか聞くとさすがに投資家の皆様方はほしいと言いそうですよね。 でもね・・?みたいな話でもあり。 それが手段か目的かはしっかり考えないとね?みたいな話。 まずは目的だよね? 自分が感じるになにか大きめな目標を達成するための…

地位財を投げ捨てろ

地位財なるものがあります。 地位財とは何でしょう? 辞書を紐解くと・・ 周囲と比較することで満足を得られる財。所得・財産・社会的地位・物的財など。 と書いてますね。 幸福感は長続きしない。とご丁寧に付け加えられてあります。 以下の本なんて見ると…

原則とルール

過去の記事 kamomenotoushi.hatenablog.com この投資で儲かるのはセンスや才能じゃなくて原則だし、凡人は原則を利用すればいいじゃんみたいな話とか kamomenotoushi.hatenablog.com の続きでもあるし その原則とはなんだい?ってことだし、それを利用するっ…

投資の意思

時々ボロボロのポートフォリオを見たりします。 見るも無残な含み損だらけのポートフォリオ。 そんなのを見て有料でもその情報買うのにとか言ってる人も居ましたが、そう簡単には行かないよね? というところとかからも来る・・ 意思の話。 無残なポートフォ…

アルゴが流行ると長期割安投資が繁栄する

アルゴというものが流行っているようです。 ようですというのは、自分は実際には見たことないからね。 なんで伝聞だけになるんだけど、機械学習とか駆使ししてよくわかんないけど勝手にコンピュータが取引を考案して売買するとか、一秒に何千回も注文すると…

投資の二軸

業績がいいからこの株は買い。 まあそれは間違いじゃないと思うんだけれども。 これに限らないことだけどなんというか投資ではこういう”一軸”なことだけではうまくいかないことも多いだろうなあと思うところで”2軸”というか他の軸と合わせて判断することで判…

会社を売る人会社を持つ人

ルックスルー利益なるものがあります。 実力派投資家さんのかぶ1000さんがツイキャスを始められて人気が出てるのですが、そこでルックスルー純資産なる言葉も出てそこそこ話題になったんですよ。 自分も少し話題に参加したのですがそから派生したものの話。 …

中期投資と長期投資

こんな記事見たんです。 6suke.com ろくすけさんという実力派投資家さんのブログ記事で中期投資を長期投資を分類されてましたが、実は自分も過去に中期と長期を分類した記事を書こうとして実は挫折してたりするのですが、これも見たこともあって改めて再挑戦…

投資愛のかたち

インデックス投資家を馬鹿にするアクティブ投資家 よくある風景なんだと思う。 それっぽい景色は時折見ます。 そんな景色などをみて思うことの話。 それは愛のかたちが結構影響してるよね?なんて思う話。 類友というからね? たぶん自分は愛があるのでしょ…

幻の期待値

期待値という言葉をよく聞きます 投資をしてるとね。 期待値という言葉をすごく聞くわけです。 その期待値という言葉を聞いて思うところの話。 それは自分に言わせればかなり罠が多く、幻とも言うべきものに思え・・ 性質を捉え気をつけて使わないといけない…

手法の棚卸し

株式投資の手法と言いますと いろいろあるんでないかと思いますが、投資の世界を見渡してみると、大きくは3つが三大勢力なのかなあって思うところです。(と、言うけど実際はその中の一つが大半かも) それの整理を試みてみるというエントリー。 それはあが…

初心者がやるべき手法

初心者におすすめする手法は何が良いか? 的な議論がありまして。 発端はたぶん株クラ?ではやってる感があるツイキャスから。 特に某大物投資家さんの配信が人気なようでその中から出た話題のようです。 詳しくは上の記事ともっと言うならこの辺のテーマを…

あなたからお金を奪う敵はどこにいる?

市場は奪い合いだそうですよ? 個人投資家には敵が居て、大口?金融機関が敵で大口は組織力資金力を背景に個人投資家からお金を巻き上げてるようです。 そんな世界観があるようです。 まあ自分も市場がお金の奪い合いというかゼロサムゲーム的要素を含むこと…

砂山の頂点

主に投資だけど無駄なことしたくないよね という発想があります。 時々そんなことを聞きます。 それを聞いて思うことの話。 もちろん程度はあるよ? 例えば山梨にぶどう狩り行くことの何が投資に役立つのか?とか言われたら自分も困ってしまう。 でもそれも…

ドカンドカンドカン

コツコツドカンという言葉があります。 コツコツは小さな利益ですね。 コツコツと小さな利益を積み上げていくもあるとき大きく負けてそれまでの積み上げを飛ばすというかマイナスにまでしてしまう。 そういうよくあることをコツコツドカンと称し、ドカンと損…

投資優位性の在り処

勝てる手法はなんぞ?みたいな話があります。 よくあるのがバリューがいいかグロースがいいか? ファンダメンタルズ分析VSテクニカル分析もありますね。 優待昇格投資法なんてありまっせ? いやゲームバイオセクタ買っとけばいいよ?とかインターネット関連…

株式投資にGDP成長も企業成長も要らない

長期の株式のリターンは優れていると言われます。 事実そうです。 長期・・100年単位での投資パフォーマンスにおいては他の債権や金とかなどの比較で金融資産としては株式投資のパフォーマンスはぶち抜けてます。 不動産投資あたりはもしかしたらいい勝負で…

浅薄の網

投資と情報は切っても切れないところがあると思います。 投資をしようとするのなら、インデックス積み立てとかなら話も変わるかもしれませんが、そうでなければ・・特に自分で投資対象を選んだり、いつ買っていつ売るかなんてことも考えようというなら日々情…

意見と事実

投資で大切にするべきことってなんでしょうね。 いろいろあると思います。 ハワードマークスさんも20個はあるぜって本にしてますしね。 投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 作者: ハワード・マークス,貫井佳子 出版社/メーカー: 日…

1%の得意科目

因果とは難しいものです。 何が難しいかと言うと、たとえば業績と株価のどちらが因でどちらが果か?を正確に捉えることすら人によって意見が違うみたいな。かく言う自分は業績が因で株価は果でしょうという立場ですし、それは違うなどと言うならしこたま反論…