似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

大きな株価の流れ

f:id:kamomenotoushi:20160928205335j:plain

あまり出来がいい気がしてないので週間の休日に突っ込んで見る記事。

株価変動わかるといいですよね。

これから上がる、下がる

わかるといいなと思います。

 

でも、それはわからない。

 

というのが今の自分の立場です。

 

しかしながら、ある程度大きな株価の流れなんてもののヒントは得られるのかもしれないと思う部分もあるなんてお話。

仮説も仮説。まだ憶測の域の話だけれども。

 

例えばです。 

自分は以下のように考えているのです。

 

その会社が成長しているなら(成長すると思うあるいは成長すると思われそうでもなんでもいいけど)、今ある株価よりもうちょっと高い株価で買っていいかなと思います。

なぜなら、会社が成長するのなら待っていれば高い買い物もいずれ肯定され、そして安い買い物となっていくから。

 

その会社が成長してないのなら、高い株価で買うことにはかなり臆病になると思います。

だって、待っていても永遠に待っていてもそれは安くなったりしないから。高い買い物はいつまでたっても高い買い物のまま。

 

その会社が衰退しているのなら、高い株価で買うなんてとんでもない。安い株価で買うのも躊躇われます。

ほら、すごく安く買わないと安い買い物とならないし、もし安く買えたとしても時間が経つほどその安い買い物も安くはなくなっていきます。そしていずれは安い買い物は否定されてしまうからです。

 

他のみんなもそうだと思うんです。

だって自分がそうだから。

違うんですか?

 

違わないとするならこのプロセスが大きな株価の流れを決定するとまではいわないけど、影響力を持つはずです。

実際に、過去の市場の経常利益の推移なんてグラフをみたことありますが、それでだいたいそれが伸びるときが株高。横ばいあるいは落ちているときが株安なんて傾向があるかなあって思います。(統計方法とか不明だったりで信頼性は怪しいので実際に信じられるデータで統計したいと思ってはいる)

2015年以降ならデータを持っていて統計もしているので、そこでのデータも企業(予想)利益は大きな株価に先行しているようにも思えます。

(具体的には企業予想利益の上昇が止まり減少と転じた2015年11月以降に株安が来てます)

 

自分の持ってる少ない経験とデータからは一応裏付けされてます。

なのでそうではないかと疑っているのです。

 

企業利益は株価に先行する。

ファンダメンタルズは株価に先行する。

実はそうなのではないか?

 

もっと具体想定例なら

例えば、ドコモが下方修正をしたとするでしょう。

そしたらKDDIも下方修正の疑いが出てくるのではないでしょうか?

だって事業性が近いから。ドコモの下方がドコモ固有の理由でないのならドコモが下方するに至った理由はKDDIにも影響を与えてるはずです。

人によってはドコモの下方を見てKDDIの下方が来る前により大きい株安が来る前に株式を売ることができるかもしれません。

 

他にも新日鉄住金あたりが下方する前に日本郵船あたりが下方するかもしれません。

新日鉄住金の売れ行きが鈍ってきたので在庫を調節する必要がでてきて鉱石の輸入を絞った結果郵船の業績がより早く反応とか。別に新日鉄住金の方が反応早いでもいいけど。

 

もちろん先陣を切る個別の下方修正の事前予測は困難極まると思いますが、多くは業績の変調は他の企業の数字に先に現れることになるんじゃないかと疑ってます。

 

何をいいたいのかというと・・

個別の業績変調が来る前に、全体の変調が確認できるのではないか?ということです。

KDDIの予想の下方が来る前に、ドコモの下方によって業種、あるいは市場、あるいは市場全体の予想利益の減少が確認できる。大きな株安の前に。

 

あ、株価がバブル入ってる高値圏であるなら話は別です。

株価がファンダメンタルズをおおよそ反映しているかな?という水準のはなし。 

それもいまのところ仮説の仮説の憶測の域の話でした。

さてどうなのでしょうか?

 

企業業績と大きな株価の流れを考えてみませんか?

全体と個別の関係数字を並べて考えてみませんか?

なにか見えてくるかもしれませんよ。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。

(3844)コムチュア/日記(比)

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績データはだいたい銘柄スカウターさん。財務データはhesonogoma.comさんで最新通期実績。各データは2017年11月10日取得。

比較銘柄

コムチュアとその他 

株価

2370円(人々は、振り返るのを忘れてひたすら走っている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 3844 3756 3666 1721
会社名 コムチュア

豆蔵

ホールディングス

テクノスジャパン

コムシス

ホールディングス

市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 情報通信 情報通信 情報通信 建設
株価 2370 1231 1002 2872
決算期 2018/03予 (12か月) 2018/03予 (12か月) 2018/03予 (12か月) 2018/03予 (12か月)
時価総額(億) 380.98 240.48 204.41 4049.52
予想売上(億) 153.0 230.0 57.0 3800.0
予想営業利益(億) 17.0 22.0 6.8 285.0
予想営業利益率 11.1% 9.6% 12.0% 7.5%
予想純利益 11.8 14.0 4.2 200.0
PER 29.27 16.81 47.51 16.2
ROE 27.4% 19.9% 14.2% 9.3%
成長印象 あげあげ リーマン後あげあげ あげあ あげ
総資産(億) 38.82 70.61 34.4 2017.18
自己資本(億) 10.18 8.74 5.62 100
自己資本比率 53.3% 57.2% 73.6% 70.9%
PBR 8.02 3.34 6.74 1.5
配当利回り 1.2% 1.0% 1.9% 1.7%
配当性向 36.4% 16.4% 90.1% 28.2%

今週は比較。今週は、近年ROEが平均的に高いわりにはPERが低めかな?ってものをチョイスして比較します。比較の会社と数字は上記の通り。コムチュア。独立系SI。グループウエアは首位級。比較に四季報おすすめ比較銘柄。ゲストにシスといいながらITから離れた事業してるコムシス。

システム屋さんは業績安定だったりすることが多いのですが、ここは安定業績に高成長。成長も加速してきているのではなかろうか。ケチのつけようないです。この勢いいつまで?はポイントになりそうです。財務は、堅調も2017年に大きく総資産増やしているね。CF見ると投資CF出していて子会社とかを連結化にいれるようなことしてるね。ニュース見ると結構事業を引き取ったり渡したりしてそう。そういうこともしながら成長していると。

豆蔵。2015年に跳ねてるのはジークホールディングスの子会社化のせいだって。それを除くとまあ順調感はありますけど、コムチェアほど早い成長感はないですね。財務。2015年に悪化もすぐに健全方向に。手持ち現金も増え子会社化してよかったね感。CF。2015年以降営業CFが跳ね。これまたなにか出来そうだね。増配もしてるけどまだまだ余裕で払えそうだよ。何かしてきそうだね。

テクノス。成長感はありも。あまり早くもないペースかと。財務健全でCFも順調。投資は熱心じゃないね。配当はすごく熱心っぽい。配当配り過ぎ感はなきにしも。

評価。コムチェアは状態はいいし文句もつけ難いのだけれども。評価に関してはこれはちょっと文句も言いたくなる感じか。いやこの成長続くならこれでも十分とは言えるけど。高い成長を見込める強い根拠があるならいいんじゃない?

豆蔵はそれに比べればかなりリーズナブル。見せてる成長はそれほどでもないけど余力はありそう。これはもしかしたらいいかもしれないね。

テクノスは配当配ればいいってもんじゃないと投資家の皆さんは思い知るべきです。

コムシスはTHE安定の業績。なにげに成長も。BPSの伸びもよくて前年割れないみたいだね。財務も健全と。CFも営業赤もあるけどまあ十分安定じゃなかろうか。安ければとてもいいかもしれないね。フェアバリューだと思います。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげ
週足であげ
月足であげ
確認。

売買判断

テクニカル的には、綺麗に上昇トレンド。ただ長期の上昇の上げ方の加速ぶりが激しいのでいずれ調整はあるとして入ったほうが。いつかはわからないけど。 底は1150とか遠いのでどこかの移動平均あたりで。こうなったら損切、こうなったら利確と決めてから入るのがいいと思うんだ。
ファンダ的には、今のところケチがつけがたい優良成長企業。持つなら高いPERを正当化できる成長が続くことをお祈りしましょう。

参考データリンク

 銘柄スカウター:https://info.monex.co.jp/news/2017/20171026_01.html

指標:https://hesonogoma.com/stocks/japan-all-stock-data.html#

 株価:https://hesonogoma.com/stocks/japan-all-stock-prices.html

 財務データ:https://hesonogoma.com/stocks/japan-all-stock-financial-results.html

 IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 とりたててなく。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールの後継バージョンで作成しました。

株探データで銘柄比較表