大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

個別投資事例振り返り:平賀

 FPかもめとしては特に印象に残ったよね?と言えそうな投資案件をつらつらとその振り返りをしていくというエントリー。

前の沢井製薬に引き続き、見込み外しの失敗事例となりそうだね。

ぐぬぬ。残念。

kamomenotoushi.hatenablog.com

 

 

(失敗)事例:平賀(4555)

 注目したのはここです。2016年9月くらいだね。

自分はこの記事を書く際に配当推移を見ててあれ?って思ってその理由を調べてこれは買いだろうとわりとたくさん、主力と言える量まで買いました。時価総額という点ではそうでもないですが枚数という面ではPF最上位までに。

値段次第ではもっとたくさん買いたいと思ってたくらいで。買えてたら最上位までいってたかもしれない。

kamomenotoushi.hatenablog.com

 

 

注目した所は増配の可能性が高そうだというところです。

 試しにと言うか、そのときになんで有望と思ったのか、以下の記事なんかに書いて投入してます。ちょっと前の記事に紛れ込ませてw

そんなことした理由は、以下の記事でもあるように狙いが明確だと思ったしあまり見ない種の狙いかな?ってところで良いサンプルになるかなあって思ったのと、基本PF非公開というバランスを取って見つかりにくそうな場所に仕込んだというお遊び。

kamomenotoushi.hatenablog.com

狙いの根拠をざっくり言うと、減配した理由はルールに引っかかったもので、もう以前の配当水準に戻せる財務体質が準備できていると判断したから。

業績悪化でも元々の水準の配当を出し続けた結果、規則に引っかかり、配当するわけにはいかなくなって無配。

そこから財務改善をみながら、増配に来てるようで配当を出せるか出せないかというと以前の水準にもう戻せるだろう、そしてそして30円出してたときより財務業績共に企業状態は良くなっていると判断したという感じですね。

もう出せるだろう水準に戻すと購入時のそれに対し倍の配当利回りで8%ほどになるということになりそれによる株高及び買値8%程度になるであろうインカムを狙いました。

 

かつ低PBRで高配当利回りで基本薄利で赤字も出したりするも他社も総じて堅調な部類で配当が出せなくなるほど業績を落とす可能性は低いだろう、悪化しても15円は維持してくれるだろうと配当15円に対し配当利回り4%の375円程度を目安にしてそこくらいまでならひどい結果にはならないだろうとして大きく買うことにしたわけです。

で、すぐに375円を超えてしまったので買いたいだけは買えなかったと。

 

関連資料とかこのあたり(久しぶりに見たらHP変わってた)

https://ir.pp-hiraga.co.jp/wp-content/uploads/2013/03/240528_1.pdf

https://ir.pp-hiraga.co.jp/wp-content/uploads/2013/03/240528_3.pdf

https://ir.pp-hiraga.co.jp/wp-content/uploads/2013/03/240626.pdf

そんな感じに2016年9月くらいから上位めの主力ポジションでした。

こんなののんびり待ってればいいということで持ってましたが、2017年決算で、15円から20円の増配。%で言えば33%ほど。とまあ見込みの範囲内の推移でめっぽう順調でしたが、2017年11月。下方修正。

大幅減益となり雲行きがかなり怪しく。

ここで、このまま赤字まで業績悪化した場合はなかなか渋い展開にもなりそうだと考え、より高い買値だったものを微益撤退(配当分くらいは利益くらいになりそう)で、保有継続という感じに。

で、迎えた2018年5月の決算。

決算は芳しいものでなく。業績低迷期にも入った可能性も見なければいけないものに思えました。

他にいけないのは営業CFが配当を支払える水準にはなかったこと、(現金はまだまだ余裕ではあるけど)なにより減配の方針が出たことです。

業績が落ちても財務の余裕をみて配当は維持するだろうという自分の見込みは外れることになり、業績にかかわらず(できる限りは)配当は維持するという方針は変わったとも考えられるところで、今後の可能性も踏まえた上で見込み違いとし、ここで大部分を処分するという判断をしました。

この配当方針あたり近年社長さんが変わっておりそれも影響しているのかもとは少々思います。

 

ということであらかた自分の持ってたものは他の方にお譲りし、弱小株主として今後の推移を見守りたいと思います。くらいになってこの記事を書いているということですね。

 

反省点はあまりない。

狙いは未達成で撤退となりましたが、目安とした配当15円に対し配当利回り4%の375円程度は下回ることなく利益は出る形で撤退となって保有一年半で配当併せて20%越えるくらいかな?別に結果が悪いこともなく。

見込み外しした時の被害という面では想定した計画の範囲内で足をすくわれたみたいなこともなく。減配も15円は下回らなかったし。計画して悪い方に終わったけどそれでもプラスにできたくらいの見込み外しとなりました。

あえてなら、途中株高したときにいくらか確定するべきだったは結果論としては言えますが、それは元々の狙いと相反することでもあるし、今回の決算で業績が例年並みに復帰で増配などが来てたのなら結果論として売るのはまずかったねになっただろうしで。

見込み外しはしたけど、悪くない結果にはコントロールできた。というより見込み外しをしても大きくは損にはならないだろうという理由が主力に選んだという理由で実際見込み外しも利益で撤退になった感じで反省点はあまりないという感じになります。

 

平賀さんに関しては、少数株主として業績とかも見ながら。当初の予定通り少数分は末永くのんびり配当でももらっておこうと思います。お値段次第では再参入するかも。

 

というわけでございました。

結果が出るまでの時間

f:id:kamomenotoushi:20171127192155j:plain

SNSネット掲示板でよくあることですが

短期的手法の人が長期的手法の人に対して批判的だったりします。

その中でよく見るのが長期は結果が出るまで時間がかかるだろう?というものがあります。

結果が出るまで長期待ってそれで駄目だったとなったらどーするの?ってことだと思いますが、それに反論と言うか、そもそも結果がわかるまでに時間がかかるものだよね?長期も。短期も。

という感じの話。

 

まず認めましょう。

長期投資において例えば成長を狙うにしても、割安としたものの評価水準の訂正を狙うにしても、例えばそれを三年待って成長しませんでした。評価水準の訂正などありませんでした。その三年は無為に(もっというなら損失で)終わることになりましたになることはあり得るとしか言えません。(逆に一年後に狙いが達成されるもあり得るし、評価水準の訂正なら半月後に達成されてる可能性ももちろんあるけどね)

 

長期投資で時間をかけて目的は達成されず時間が無為に消費される事はありえるとせざるを得ないし、それは珍しいことと言うには頻発しすぎることとなるでしょう。つまりはよくある。

 

それは認めるというか事実だと私は思うところです。

しかしながらだからといって短期はすぐに結果がわかるからより優れているというのは違うと思うわけです。

 

だって短期も結果が出るまで時間がかかるはずだもの。

確かに一つの取引は数週間、数日あるいは一日で買って売って結果が出ていることでしょう。

しかし、それはただひとつの取引で完結するものですか?

その取引をした根拠。つまりルールは一度きりで使い捨てるものでもう同じ根拠でさらなる売買を繰り返さないのでしょうか。

 

短期取引というのは売買する根拠を用意し、それを満たす取引を”長期間”繰り返すものだと思うのですが如何でしょうか。

確かにひとつひとつの取引期間は短く、それごとに結果が出てくるでしょう。

でもその繰り返す取引の根拠となるルールが、取引を積み重ねて望む結果になるかどうかは、長期間実際にやってみないとわからないはずです。というか長期間繰り返して結果ダメだったよね?ということはあり得ると思うのです。

 

そのルールが、長期間その銘柄や市場に変化があっても、ドローダウンを越えて満足できる結果になるかどうか。

それは例えば始めて一ヶ月でわかるのでしょうか?

たとえ過去はそうだったからと検証していたとしても、未来にそれが通用し続けると断言できるのでしょうか。

できないと思うんです。

 

つまり短期においても、長い期間をかけてダメだったね。という事になるリスクは存在するんです。

 

ちなみにルールなき短期売買、その都度その都度違う理由で短期売買を繰り返すような手法の人は知りません。再現なき短期売買を繰り返すことで永続的にトレードで利益を得られるってことは自分はないと思います。

あるかもしれないけどそしたらそれをなす人は天才かパイオニアなんで頑張って欲しい。

で、多くのまともな短期トレーダーさんは再現するルールが大切だって言ってくれると信じているところですよ。

 

つまり短期も長期もわからないのです。

自分がしている投資が。繰り返している取引の根拠となるルールが。

長い時間を経て、実際に利益となるかどうか。

望んだ結果になる。満足できる結果になるかどうか。

時間が無駄にならないかどうか。時間無駄にした上に大きな損になるかどうか。

 

そんなことはわかんないのです。結局は実際それらが過去になるまでは。

何をしたって積み重ねた時間や労力が無為なものになる可能性は消えないのです。

 

投資もトレードはそもそもそんなものなんだと思うところですが如何でしょうか。

 

でも分からないは、まったく分からないではないと思うんです。

究極的には分からない。

でも、たぶんとかおそらくはあると思うんです。

長期なら会社の状態と環境やついてる値段などから。

短期は過去を検証し再現性を確認することなどから。

理論を学び論理を積み上げ合理的な思考や研究を重ねることなどから。

 

分からないをたぶんとかおそらくとか頑張ればきっととかまずとか。

無為に長い時間を捨てる可能性をすべてなくすことなんてできないけど、有利とは言えるしそれが過去になったとき結構結果が出てくるよね?なんてくらいには引き上げる事はできるんじゃないでしょうか。

自分はそう思うんです。短期も長期も。

努力する方法、アプローチはいろいろあると思いますが、その多くの方法が長い時間結果は伴わず無為に消え去る事になってしまう事はないとは言えないけど、努力するのはまったく無駄だとは言えないくらいはそれなりに結果が出てくるものだと思うわけです。

まったく分からないではないのであるなら。

結構戦えると思いますよ?

短期も長期も。投資もトレードも。

 

だから結果が出るまでの待ち時間に何をしてるかも結構重要なんだと思うんです。

もしかしたら全く結果が出ず無為になるかもしれないと予め留意しておくとか、もっと可能性を引き上げる行為はなんだとか考えるとか。日々観察したり情報収集や勉強したりとか学べることもあるでしょう。

自分は無為になるかもしれないと、それはもう避けがたい宿命だとそうなるなら諦めるとして、そうならないために、その可能性を減らすために何ができるのかな?と考えていこうと思っているわけです。

 

短期も長期も。

投資もトレードも長い時間をかけて無為になる可能性はあるとしか言えません。

その中で結果が出るまでの時間をどう過ごしますか?

何ができますか?

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ