似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(9449)GMOインターネット 日記(分)

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。
分析に使うデータは、書いた時に拾ったデータでその日の終値とは限りなくぶれたりするでしょう。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。 今日は分析。データは四季報CD。最新株価はだいたい記事のアップの先週末終値

銘柄(注目銘柄)

GMOインターネット

株価

1401円(人々は、休みながら今後を考えている。)

業績財務と指標とそれに対する分析

f:id:kamomenotoushi:20170818204036j:plain

 今週は分析。今週は継続高ROEhttp://kamomenotoushi.hatenablog.com/entry/2016/02/28/000000)みて気になったものをチョイスして分析。GMOインターネット。ネットインフラ屋。数字は上記の通り。

一応インターネットインフラ屋となりそうだけど、事業は色々手広く子供上場もたくさん。わりと総合的。で、やり口にはいろいろ悪評が尽きない感。総帥の熊谷さんはとても立派な人に見えるけどそのあたりどうなんでしょうとよく思います。

は、おいといて業績的には成長企業。売上増ペースは相当な感じだよ。いろいろやったり過去には銀行でしくじったと純ベースでは不安定感もあるけど営業利益ベースでは基本右肩上がりに近いように見えます。営業利益率は落としてる感じじゃないので普通にグロースに見えますね。継続高ROEってところで長く高水準なROEも維持してると。ただレバレッジもかかってるので贔屓目に見たほうがいいかもね。

カテゴリも見ておくとネットインフラ事業は絶好調な部類。金融とモバイルエンタテインメントが足を引っ張ている感はあるも、金融は市況だよねとかモバイルは規模が小さいとかで大勢的には好調な部類となりそう。

財務は自己資本比率が低いね。これは保有80%超で証券業であるGMOクリックの影響が大きそう。GMOの総資産5900億に対しクリックで4800億だったりもありとGMOの総資産のだいたいはクリックだと思っておけばいいかと。実際GMOの総資産の半分程度は「証券業における受入保証金」だったりします。なので自己資本比率で評価するには不適切かな。その延長線でいくと現金は増やしているし自己資本も普通に増加で財務は悪くはないと思えます。

CFはと見ると、2015年の営業マイナスが気になるところ短信見ると「インターネット証券事業において顧客資産の増加を受け、諸資産が増加したことにより6,631百万 円、法人税等の支払により7,755百万円、仕入債務の減少により3,227百万円、預り金の減少により2,554百万 円、未払金の減少により1,305百万円の資金流出があったことによるものです。」とか言ってるね。だいたいクリックのせい。SBIとかマネックスとか野村も見ましたがそもそも証券業は営業CFは安定しないのでここは問題なしとみていいかな?本当に精査するなら財務諸表とにらめっこしないきゃいけない難しさがあるかもしれません。でもたぶん大丈夫。GMOクリックの総資産が伸びる傾向にあるからが一応理由。

と、いうわけで伸びる傾向にある企業となるね。

加えてGMOクリックがやる気になってて懲りずにまた銀行やるようなので金融の影響がもっと大きくなるかも。

で、黒い噂が大きくなるなら諦めましょう。(それもチャンスになるかもしれない)

評価。PERで高い方だけど、まあ平均的といえる所。このあたりも大きな黒い噂が出ればPERが下に行くかもしれないみたいな警戒は持っておいてもいいかも。成長はしているので悩ましいところだね。

日足週足月足の値動き判断

日足でさげかと
週足で持ち合い中
月足で持ち合い
確認。

売買判断

テクニカル的には、長期では三角持ち合いっぽく。中期では方向性なしか。下は957を見ながら1658突破を狙ってみるとかできそうだね。 
ファンダ的には、成長はしてるけど評価としては高評価気味。いってしまうのも手だし、何かの拍子に評価さがるのを待つのも手。といいつつ優待が強力なのでGMOクリックユーザーとかオフィス使いな人は買うのは普通にアリとなりそう。

リンク

ヤフー:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9449

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=9449

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 この土日からドラクエ11やりだしました。

いままでイカのせいで何もできなかったけど引き続き当面ドラクエのせいで何もできなくなる予定。

ドラクエもクリアまで70〜80時間とかかなりヘビー級ソフトみたいだし。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記分析四季報CD導入後)

暴落がない投資

f:id:kamomenotoushi:20170313221829j:plain

暴落ってなんでしょう?

暴落って言葉があるんですよ?

そういうふうに話だすのはさすがに馬鹿にし過ぎかもしれないけど、馬鹿にする気はないよ。だって暴落って概念がない人もきっといると思うから。

あるいは暴落という言葉を知らないかもしれないって思ってそう話し出す配慮なんだから。

 

そんな話。

 

Twitterとか某掲示板とか見ているとなになにが暴落しました!とかよくみます。

ふうん大変なんだね?とか見てみるとそれは自分的にはそよ風くらいだったりするし、週足みてみると上げてるじゃん?とか日足ですら絶好調だよね?とか思うこともよくありで。(日足で絶好調だから買うんだよね、きっと)

何をもって暴落なのじゃ?とわりと小一時間問い詰めてみたい気にもなりますが自分としてはそれ暴落じゃないよね?っていうことを暴落だと思ってる人がいるみたい。

 

他人には暴落であることが自分には暴落ではない。

どうやら暴落って人によって意味が違いそうだ。

 

そして人によって違うみたいな暴落というものを考えてみたことの話。

 

暴落とは結構意味の幅をもつ言葉みたいです。

まあ、それは間違いなさそう。

暴落という言葉にはそれが指す意味に範囲がある。

だって自分が暴落じゃないと思うものを暴落だという人がいるんだから。

その人がそれも違う人が言ってるんだろうけど自分は結構見る事象で、自分がそれを聞く人みんなが嘘言ってるわけじゃなければ事実だとする他ない。自分は嘘ついてないからね。(ホントだよ)

 

だから、何が暴落は人によって違うんです。

 

何の違いがそれを生むのか?

うーんって考えるとこれじゃないかなあって思ったのはこれです。

 

自分にとって痛い下落は暴落だ。

 

これはすっきりと入ってくる理由です。

何が痛いかは人によって違うでしょうね。

信用レバレッジ3倍で買ったものが5%落とせば、15%投資資産飛ぶしね。それは痛いわ。納得。

同時に現物100銘柄均一分散した一つが20%落とすなら飛ぶのは投資資産の0.2%だね。多分痛くはないんじゃないかな。投資資産の他に非リスク資産もあるならもっと痛くないはず。

ほら、5%で暴落で20%でも暴落じゃない。

 

人によって痛いと感じる幅は違うのでそれは暴落になったりならなかったりする。

なら、痛い幅をコントロール出来るならそれが暴落になるかならないかはコントロールできるんじゃないかな?

 

加えてなんかの銘柄の過去チャート見てみましょうか?

できれば大雑把なカテゴライズしてみながらがおすすめだよ。

大型とか小型とかでもいいかもしれないけど、高PER低PER高PBR低PBR加えて業種あたりみながらがわたし的にはおすすめ。

おそらく、値動きがゆるやかなものと激しいものがあるはず。

そして数見ていけばある程度の傾向性も見えてくるんじゃないかな?

日経平均TOPIXもみてみましょう。日によっては一日で5%以上の下落があるかもしれない。その頻度は?下落幅は?

 

大抵の銘柄にはそれなりに落ち込む時はあるだろうけど、でもそれが緩やか気味なものもあるんです。

緩やかなものを選ぶなら、暴落はあまり頻繁に来ないしまた緩やかめなものを選ぶのもある程度出来る気がしませんか?

 

その頻度とか大きさもある銘柄を選ぶことである程度はコントロール出来る面がありそうです。

 

ふーん。ならば、痛い範囲を調節し、あまりキツイものが来る頻度が少なさそうな選ぶなら・・・

市場全体が落ち込むんだときも痛くない範囲にするとするなら。(自分はここは仕方ないと覚悟してリスクとってるけど)

 

暴落はなくなるはずです。

 

暴落がない投資です。

それは存在するのです。

 

それじゃ儲からないじゃないか!だって?

そうだね。

暴落をなくすようにすれば暴騰はなくなるだろうね。

あんまり儲からないだろうね。

 

だから選ぶんです。

暴騰とか暴落が多くあるものか。

それがあんまりないもの・・究極的にはないもの。

 

選択するものだよ?それは。

それは選択することなんです。

あなたがしょっちゅう痛いならそれは痛くなるような選択をしているだけのことなんです。

じゃあどういう選択をするのか?

 

いつでも同じ選択する必要はないと思うんだ。

行くべきだって思えば暴落(痛くなることも)も覚悟してそれを選び

そうでもない時は(痛くないように)制御する。

そういうものだと思います。

 

それが暴落がしょっちゅうあると感じるなら・・

しょっちゅうあるような下落で痛いと感じるなら・・

たぶんその制御を間違っているんです。

 

そんなしょっちゅう痛いと感じる状態をいつまでも続けられるわけないじゃない。

 

そう思いますが、違いますか?

自分は、そう思うので、滅多なことでは痛くなることはないかなー?ってところに自分の投資を制御してあまり暴落のない投資をしているわけです。(時々来るのは最初から覚悟する)この記事書いた2017年3月現在は制御していたつもりが高くなってしまってこれではいずれ痛くなるじゃないかと困り気味

 

投資量や銘柄を制御し暴落をコントロールしませんか?

行くべきとき以外なんて痛い思いなんてするだけ損じゃないですか?

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ