大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

(9639)三協フロンテア 日記(分)

スポンサーリンク

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもいろんな企業の数字を見てみようという習慣でやってますので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。
記事は書き溜めておくためアップ時に最新データとずれてる可能性があります。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。

銘柄(注目銘柄)

三協フロンテア

株価

3140円(人々は坂を登る意欲を失っていない。)

業績財務と指標とそれに対する分析

f:id:kamomenotoushi:20180323201430j:plain

 今日は分析。営業CF復活企業(四季報CDスクリーニング)で気になった銘柄をチョイスして分析します。営業CFが赤字だったけど黒字化した企業を拾う。三協フロンテア。建設用設備器材の製造販売。数字は上記の通り。 業績データは主に四季報CD。最新株価・指標は2018年3月23日に取得。

営業CFの逆転決算は16年5月。終値で1808円で・・うーんその後2016年11月の吹き上げに間に合い3460円まで行ってるね。

で、業績。2012年の変身が気になりますね。2011年に「従来、重要性が乏しいとの判断から、子会社であるフロンテア流通㈱及び広州番禺三協豪施有限公司を連結対象としておりませんでしたが、今後の事業展開を考慮して判断した結果、重要性が高まってきており、次期より連結財務諸表の作成が必要と判断いたしました。」だって。子分を取り込んで連結化したってことだね。2013年に前年割れしてるけどこれは2012年が「東日本大震災仮設住宅建設の売上高が含まれている」って言ってるので特需だね。そうすると子分取り込んで後は成長チックな業績推移だね。今年の進捗はあまり芳しくないようだけど。

財務。右肩ではないだろうか。有利子負債は大きめ。これは事業性によるものだろうね。

CF。営業で乱高下的な。棚卸資産の嵩がデカイみたいなところがあります。ちょっと増やすとすぐマイナス。もっとも減価償却費の水準もデカかったりで。期によっては大いにプラスにとか。長期には普通にプラスです。直近も「レンタル資産及び新規店舗等の固定資産の取得など」とかしてるので普通にやる気ですね。

評価。以前はPBR0.3切りなどあるけど連結化してずいぶん数字も良くなってるのでこの水準に落ちうるとするのもどうだか。PBR0.8くらいは普通にあるとすべきだと思います。も、会社自体は順調だし(2013年からみてもEPS10%くらいは出てる)絶対的な評価水準もたいしたことないと思うので妙味ありとするのも別にいいんじゃないかと。

評価落ちたら面白いかもね。いや会社の状態落ちないでだよ。

 

日足週足月足の値動き判断

日足で三角持ち合いチック
週足であげではないでしょうか
月足であげです
確認。

売買判断

テクニカル的には、長期上昇トレンドで直近三角持ち合いを形成か。長期は継続すると2806そこに3310とか3460のブレイクアウト狙いはありかなーって思います。だからこの場合は2806切ったら切らなきゃちぐはぐだと思うけど。
ファンダ的には、会社基本いい状態一期くらい前年割れするぐらいは大目に見ても。とはいえ手を出すならもうちょっと嫌われたらがいいかもなあとか思います。

リンク

ヤフー:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9639

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=9639

IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 特にありません。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記分析四季報CD導入後)

広告を非表示にする