大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

投資家を測る天秤

スポンサーリンク

f:id:kamomenotoushi:20180131185540j:plain

むかしエライ人がいったようです。

「株式市場は短期的には人気投票の装置だが、長期的には価値を測るための計量器だ」

まあ、グレアムさんなんですけど。弟子のバフェットさんも仰ってるね。

これの真偽はさておきというか、信じる信じないは人それぞれだと思いますが、FPかもめという投資家はこれを信じるという立場ですね。

グレアムが言ってるからというよりは、過去の出来事やいろんな会社、いろんな株価推移などを見て大体そうだよねって感じているからです。

そりゃ短期的には計量器でない人気投票であることはいくらでもあるけど。

そしてふと思い返してみて、これ測られているの企業だけじゃないよね?と思ったという話。

 

そんなことを思ったきっかけは。

仮想通貨投資が話題になっているせいなのかもしれない。

 うぇーい系な人たち。

仮想通貨の暴騰でやたら儲かってて不勉強なわりにノリノリでそして覚悟が足りなさそうな人が目立ってましたからね。(でも、メディアが取り上げるのはそんな人に偏ってるという面とかもあると思うよ)

株式投資家さんもそれをみて、どーのこーの言ってたりとか物投げたとか言ってる人も見ましたし、あまりどうのこうの言わなかったりしてた人もなにげに鬱憤貯めてそうなようなことも見受けたりして。

 

そーだね。

その時の勢いだけで大儲けして調子乗ってたりするのを見たりするのはフラストレーション貯まる人も多いは確かにそうかもしれない。

 特に自分がウォッチしている方は普段から努力を積み重ね勉強や研究を怠らないような方も多いですし。

そんな中でいきなりわけの分からぬ突風で追い抜いぬいてきて、パッパラパーにはしゃいでいる人とか見たらね。

 

とか思いますがまた同時に安心して欲しいと私は思う。

なぜなら、市場は長期的には企業みたいな投資対象を測る計量器であると同時に投資家を測る計量器でもあるからです。

 

投資家もまた測られている。 

と言いますが、実は何故投資家が測られているとするのかは自分がなんとなく感じているということだけなんですけどね。

主に経験則だね。見てる限り長期に成果を残せる人はちゃんと価値と言うか対価を積み上げ実力を身につけた人だよねと感じています。ただひとつ逃げ道があるように思えるけど。(後述)

ごめんなさい。その根拠はちゃんと言語化できないです。今のところ。あえてするなら下の方でのリンクしてる過去記事で言ってるようなこと。利益を得るには対価が必要だから。

ただなんでかはまだちゃんと言語化できないけど自分としてはもうこれはそうだと確信するものです。

 

利益は差し出された対価に対する報酬であるがゆえに、対価を積み上げることなく一時的に利益が得られることはあるが、それは長期的にはだいたい(必ずと言いたいところだけど見てる限りだいたいとなりそう)精算される。

 

これからは確かにわかりません。

しかし、これが今まで散々繰り返されてきた言うなれば神様が定めた投資の原則です。

 

価値という対価を積み上げぬものに長期的な利益はない。

長期的にはあなたは市場に測られその重さに見合わぬ富は奪われることになる。

投資というものは大きな意味で参加者に対してフェアなんです。

今まで繰り返されてきたことがまだ繰り返されるなら今後もそうだと思います。

 

市場は投資家を測る天秤であり続ける。

 

上で安心して欲しいと言いました。

誰に言ったかといえば、価値を積み上げることに怠りのない投資家・トレーダーに対してです。

また同時に安心しないで欲しいといいます。

誰に言うかといえば、価値の積み上げを伴わないで短期的に結果を出した投資家・トレーダーに対して。 

 

あなたがその結果に良しとして、価値の積み上げ自己研鑽を怠るなら手にした富はいつか雲散霧消するでしょう。

そうなりたくなければ自己研鑽に努め、自らの価値をつみあげるのです。

 

そして今は鬱憤を貯めている人にお願いしたい。

もしその人が自己研鑽していくなら、手にする富に見合う価値を備える人物にまで成長しようとするのなら。

快く言って欲しい。

「投資の世界にようこそ。」と。

 えらそうに言ってごめんなさい

思い返せば・・・

自分が読んだロバキヨ本も同じようなこと言ってるし、以下のような記事も書いてたりもするし(読み返せば他の記事でも同じようなニュアンスのことをたぶん何度も言ってるよ)、このようなことはある意味元々自分の中にあった考えとも言えるかもしれない。それが仮想通貨投資など状況をみて改めて言語化できたということだろうと思う。一部できてないけど

kamomenotoushi.hatenablog.com

 

僕は賭けていいと思ってる。

誰かが投資で短期的に大きな資産を手に入れることは、あるいはあり得るだろう。

しかし長期的にはその投資家・トレーダーの価値、その重さが測れられる事になり、結局価値がないと測られる投資家・トレーダーには見合った成果しか残らない。

市場は投資家を測る天秤であるゆえに。

 

僕は賭けていい。

その成果に見合った重さのない価値のない者はいずれ市場に測られいなくなる。だいたい

 

ま、それがいつになるかはわかりませんけどね。

そうだね。自分だけが企業や値動きつまりは市場を測るってのもアンフェアだものね。

自分が測る側だけでいたいというのも虫が良すぎるだろう。

お互い測られてこそそれはフェアな関係と言えるかもしれない。

ならば仕方ない。測られる時は測られてやりましょう。

そのときまでしっかり考え続け投資家としての重さ、測るに見合う価値を積み上げ身につけなければなと思うわけです。

 

とかとか言ったわけですが。

でも実はひとつ逃げ道があると思ってる。

別に大した価値、知識とか知恵の蓄積とか合理性、制御された精神性とかを備えてなくてもひとつ大きな成果を残せる逃げ道がね。

 

それは時間。

 

長く時間をかけて手にした富なら、そう簡単には逃げたりしないようです。

別に大した実力がなくても実力をつけなくても長い時間がその不足を補ってくれる。色々見てそのように思うわけです。 

時間も積み上げることのできる価値だということだと思ってます。

 

なんでこんな輩が。なんて思うことも、もしかしたらあるのかもしれないけど、その人が長い間じっくり時間をかけて歩んできて掴んだ成果ならどうぞ許してあげて欲しい。というかそれはいうなれば神様が既に許してる。(神様とという言い分が気に入らないなら投資の原則とかでもいいよ)

 

時間をかければ時間をかけるつもりでいるのなら誰にでも。あまりエネルギーを注げない人も、エネルギーを持ち得ない人も大きな実りを得ることができる。

自分はそれこそ万人のための投資の形だと思うんだ。

 

 

市場で企業が測られるように投資家も市場に測られます。

あなたという投資家、トレーダーが長期に測られるとき

吹き飛ばされない重さつまり価値があると言えますか?

 

あなたの価値を高めていくために何ができますか?

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ