似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(2157)コシダカホールディングス/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

コシダカホールディングスとその他 

株価

2656円(人々は、挫折のあとも立ち上がり試練を乗り越えようとしている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 2157 2404 7458 4680
会社名

コシダカ

ホールディングス

鉄人化計画 第一興商 ラウンドワン
市場 東証一部 東証二部 東証一部 東証一部
業種 サービス サービス 卸売 サービス
株価 2656 404 5120 1084
時価総額(億) 536.51 27.02 2940.63 1034.71
予想売上(億) 551.12 80.7 1412 922
予想営業利益(億) 54.68 1.4 208 71.7
予想営業利益率 9.9% 1.7% 14.7% 7.8%
予想純利益 26.94 0.9 131 36
PER 17.70 27.88 22.33 28.68
ROE 17.9% 5.9% 11.2% 7.1%
時総/収益(独自) 11.21 19.65 15.48 16.80
成長印象 まああげ 衰退 停滞 建てなおり?
総資産 359.47 73.73 1869.54 1017.12
自己資本(億) 150.72 15.29 1175.74 508.72
自己資本比率 41.9% 20.7% 62.9% 50.0%
PBR 3.16 1.64 2.49 2.03
配当利回り 1.3% 0.7% 2.1% 1.8%
配当性向 22.7% 20.7% 48.0% 52.9%

 今週は比較。今週は、某所を見て人気がある銘柄をチョイスして比較。比較の会社と数字は上記の通り。コシダカホールディングス。カラオケ。比較にカラオケ。ゲストにボウリング。

驚いた。カラオケというわりと枯れたところでそれを主業にかなり力強い成長を見せてるね。一人カラオケが強いみたいでそのあたりかな?フィットネスもやっててそれも大きくなってるみたい。売上の伸びが力強いね。営業利益はもたもたして急に追いつくというこの手のBTOCによく見られるパターンで結局利益も売上についてきている。ROEも高水準維持と。さすがに人気銘柄だね。

財務に目を向けると有利子負債は伸びてるけど現金も増えててと言うかみんな伸びてて健全な成長だと思うな。営業CFも伸びる中それが投資にも向かっていて成長意欲も高そうだね。これあまり突っ込みどころないね。とてもいいと思います。(値段次第だけど)

鉄人さんはとても苦しそうです。売上利益落ちて。ついでに財務も有利子負債多めの自己資本比率低めでアップアップな感。営業CFは順調・・じゃなくて営業CFマイナスも記録と・・これヤバイんじゃないかな。

第一興商は、堅実って感じ。赤字無し。売上は停滞かなあってところだけどなにげに利益率が改善する形で最高益をうかがう様相。財務がちょっと現金増え過ぎかなあってところだね。それらと事業性も踏まえるとCFは見るまでもなく営業CF潤沢だね。だからだろうね。配当性向高いのは。そしてまだ増配あるかもね。配当性向あげてもまだ金余りになるほど日銭が入ってきてるので。優待気にいるならとてもいい候補だと思うよ。

ラウンドワンは結構微妙な業績推移だよ。苦戦気味。財務的にみると有利子負債をばんばん減らして苦しい中防御モード。CFは堅調なのでもう立て直しが完了したとなったら反撃来るかもね。

評価。コシダカはPERがほどほど高い気がします。成長するならこれでもいいかもしれない。

鉄人さんは評価的にもボロ株の部類に片足入ってきてると思うよ。帰ってください。

第一興商は、評価高いね。優待に引っ張られてると思える所。財務的に優待改悪(あくまで財務的な理由では)はねえだろうなあと思えるところで利回り納得するならもうこれでいいんじゃないかな。成長は期待すんなって感じだけど。

ラウンドワンも評価高いね。これも優待で株価決まってそうだね。そういう意味では事業改善してもあまり株高に振れないかもね。優待好きなら優待防御ネットは機能しそうだという意味で普通に悪くはないと思うけど。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげか持ち合いか
週足で三角もちあい
月足であげてさげて再チャレンジ感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期で伸びてきて一度大きなドローダウンを挟み再チャレンジ感。中期だと三角持ち合いを見れるね。1616が底として妥当だね。遠いね。2243で妥協ですかね?三角持ち合いが続くと切るかもしれないけど。
ファンダ的には、全方面に突っ込みどころのない成長企業。あとは買うだけ。もちろん値段見て。あと成長終わったら諦める。

株探リンク

 コシダカホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=2157

 鉄人化計画:http://kabutan.jp/stock/?code=2404

 第一興商:http://kabutan.jp/stock/?code=7458

 ラウンドワン:http://kabutan.jp/stock/?code=4680

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 特にないのです。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表