読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

「社員は経営者視点を持って欲しい」

スポンサーリンク
と、経営者さんはよく言ったりしそうですがそれって嘘だよね?

と、自分は思ってます。

幾つかの会社で働くことを経験しましたが経営陣が社員に向かい経営者視点を持ってほしいとか言っているのを何回か聞きましたが

 

それって経営者の視点をもって欲しいと実は思ってないよね?

 

と感じることがほとんどでした。

大抵は、そういう人の行動を見ていると社員に経営者視点を持って欲しいと思っているような行動をしていなかったからです。

経営者視点とはなんなののでしょう?

それがなんなのかに自分とそう言っておられた経営者の方に違いがあるのかもしれません。

だってそのような会社にかぎらずいずれの会社でも自分の会社の損益計算書、貸借対照表すら見ろって言われたことがない。さらに見せてと言って見せてくれたこともないから。

株主総会に出ろと言われたこともないから。

 

財務諸表も気にせず会社のオーナーがどんな人なのかも気にしないで経営者視点といえるのでしょうか?

自分は言えないと考えています。

そしてそういうのを見せようと行動している経営者をあまり見ません。

つまり社員に経営者視点なんか求めていないんだと考えています。

自分は、経営者の言う経営者視点とは、せいぜいコスト意識(おそらく現場レベルの)とかであって財務諸表を見て会社の異常を察知しろとか総会に出て株主の意見に対してどう対処するべきか考えろなんて求めてないんだと思います。

 

それってまあ考えれば当然というか自分もそうだろうなあと思います。

だから経営者には社員に経営者視点を持てとか実は言ってほしくないんですよね。

自分は経営者は社員に(他にもそうだけど)嘘ついてほしくないと思ってます。

 

僕がもし経営者だとしたらおそらく以下のように言いたいと思います。

思考実験というか理想だね。実際に自分がそのような立場になればもっと他の力のメカニズムが働きこうは言えないかもしれないし。

理想はそのまま理想であり続けるのは難しいし。

 

そんな感じではありますが以下。

 

「会社には多くの人がいてそれぞれの役割があると思います。そして自分は各々がそれぞれの役割を頑張ることによって会社は良くなっていくと考えています。

自分の役割は会社の経営です。経営と言うと難しそうですが会社全体を大きく見て会社がうまくいっているか?会社全体をより良くしていくには何が必要かを考える役割だと考えています。その中には実際にお客様にあたられる現場の皆様と違うことも考えていく必要があるかと思っています。

 例えば、会社の全体の売上利益は順調かをチェックすること、会社の持っている財産、借りている財産のバランスに異常はないかを見ていくこと、会社にお金を出してくれる株主様にどう接するのが良いのか?を考えること。会社全体のサービスをどうのような速さでどのような方向にしていくかを考える事、会社で頑張ってくれる皆様の状態が悪くなってないかを気にかけること、会社の周りの環境が会社に対してどのような変化をもたらすか考える事、そしてそれらの中から何を優先すべきかを考えることです。残念ながらそのような事を考えながら現場の状況まで眼を行き渡らせるのは困難だと考えています。

 

だから皆様にお願いしたい。

現場をしっかり見て欲しいのです。お客様との関係は良好か、もっと良好になるためには何が必要なのか?現場はちゃんと儲かっているか?余計なコストをかけすぎていないか?かけるべきコストを軽視してないか?お客様と接するみんなの状態は悪くなっていないか?などなど考えながら日々のお仕事に励んでいただきたいのです。

会社全体は考えなくてもいいです。それは自分が頑張るべき仕事です。

それぞれがそれぞれの受けもつ仕事をしっかり励めば会社は良くなっていくと思うのです。

自分は会社をよくしたい。そのためには皆様の協力が絶対に必要です。

よろしくお願いします。

 

もちろん、他の仕事のことも考えてみたいは、歓迎したいと思います。

もし会社全体のことを考えることも興味が出てくるなら言ってください。一緒に考えましょう。

自分ももちろんそれぞれの現場のこと聞くと思います。

重ねてよろしくお願いします。」

 

自分はどうやら経営者になりたいのかもしれないと書いてて思いました。

実際興味はあるなあ。

どんな景色が見えるのか見てみたいとは思います。

絶対大変なんだろうけど。でもきっと面白そう。

 

そんなどうでもいいエントリーでした。