読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

投資に役立つかもしれない関連本

・その他のこと Lリンク集
スポンサーリンク

投資を行うことにあたって自分は知識はとても重要だと考えています。
その知識を身につけるためにはやはり本を読むことはとても役に立つと考えています。
世の中には投資のノウハウそのものを扱った本も多いですが今回は投資そのものをちょっと離れて周辺知識、投資の考え方の土台を作ることに役に立ちそうだと思う本を幾つか紹介してみようと思います。


行動経済学関連本

自分が特に役に立っているなあと感じているのは行動経済学関連の本です。
人のお金に対する態度の不合理性を知ることは有益だしそして読み物としても面白く刺激的なものが多い印象です。

自分が最初に手にとった記憶のある行動経済学関連の本です。
とても読みやすく刺激的です。

  

行動経済学を切り開いたダニエル・カーネマン氏の本です。詳しい説明がありますがちょっと読むのが大変。より学術より。理論建てて理解するにはこっちがより良いと思います。上下巻。実は自分も完読してなかったり。

 

行動経済学を投資という題材で扱ったもの・・・らしい。読んでないけど勧められて多分相当役に立ちそう。自分ものその内読むつもりではあります。

こむつかしい本みたい。

 

お金という大枠の本

投資というのはお金のことの中の一部ということになりそうです。

もっと大枠でお金のことを理解するのはとてもいいことだと思います。

自分は投資から入ったわけではなくお金のという存在に興味をもって学んでいくうちに投資に眼が向き投資をするようになったという経緯をもってます。

 

ファイナンシャルインテリジェンス。なんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。お金の知識お金の知恵。この手の話を得意とする作家さんに本田健さんがいらっしゃいます。本田健さんはお金としあわせの関係をテーマに活動されていてその中でこれはお金に対する知識知恵と同等にお金に対する感情成熟度(FPかもめの意訳)があると提唱した本です。お金に関して幸不幸を決めるのはこのお金のEQによるところが大きいと仰っていて自分もそう思います。

本田健さんの本は読みやすいしおすすめです。一通り読むとお金に対する意識が変わると思います。これは投資よりの題材の本としての一例。

 

お金という存在または資本主義の矛盾の本質に迫った内容だと思います。

ピケティさんの本に繋がる内容かもしれません。(ピケティさんの本読んでないけど)

投資家ならお金のことを熟知するべきだと思ってます。そう思うと知ることを避けるべき内容ではないと言いたいです。人によっては投資家を辞めたくなるかもしれない内容です。ちょっと翻訳が悪いのかぐだぐだしているところがあります。

 

二冊セットです。

ロバキヨの本はこの二冊がコアだと思います。

いろんな人がいろんな捉え方をしてますが、FPかもめ的に一番外すべきでないところは、結果の違いは言葉からくる。言葉を知り言葉を変えること、言葉を変えて考えるという部分だと思ってます。 

会計関連本

簿記会計。こむつかしいイメージあると思いますがとてもとても便利なものです。 

投資家においては会社の状態を知るもの測るものと捉えておけばそう外さないと思います。 こむつかしいものをわかりやすく説明しているっぽい本。 

 

わかりやすいという意味では最初の一歩にとても向いていそうな本。

気に入れば続編や 山田さんの他の本を手にとってみるのもおすすめです。

 

もうちょっとスキルよりの本です。

それはなんのためにあるか。それは何を知りたいものなのか。から入って行くと理解できることは多くなると思います。そんなアプローチの本。

理解していくとそれは有機的に繋がると思います。

ちなみに自分はどういうものをどういう仕訳にすべきかは全くわかっていません。

 

とりあえず思いつくのはそんなものでしょうか?

またいいのを思い出したら加えたり別エントリーでとりあげるかも。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。