読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

市場統計推移記録表の説明(有料版の違い編)

・ツール・データ Lエクセルで投資管理 ・用語解説
スポンサーリンク
無料公開している市場統計推移記録表

それを豪華にしてこの豪華っぷりならと有料にしてみました。

kamomenotoushi.hatenablog.com

kamomenotoushi.hatenablog.com

Q&Aとかもある説明書はこちらだよ。

これは無料だよ。

市場統計推移記録表豪華版説明書.pdf - Google ドライブ

 ここではその強化部分を画像とかも踏まえて説明します。

主に画像で。

同時公開の株式投資運用記録表と比較でこれは変化が少ないかな。

無料版との違いは見た目と、集計項目をやたら増やしたぐらいです。

ちなみに以下の画像は、データ入力したものを使用しているよ。

通常版には集計データ入ってないからね。

データを購入して集計データとるか、あるかもしれない集計データ入りの販売を待ってください。

データ販売は以下だよ。

gumroad.com

 

で、以下が解説です。

まずは、実際の動作を画像でみると分かりやすいかも。

 

 

 

 

 

 

 

動作は上記の用な感じですが、その他説明は以下。

f:id:kamomenotoushi:20170219150546j:plain

集計シート。書式をいじった程度です。

指定すると表示する集計項目を変えられるよ。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150555j:plain

 

項目数はめっぽう増えました。

市場全体に加え、各市場、各業種のそれぞれ社数、時価総額、予想利益、純資産、PER、PBR、ROE配当配当利回り配当性向出来高取引高を集計する感じです。

太字が追加項目。あわせて569項目がデフォルト集計対象。これを定期的に記録していると時系列統計データになります。出来高、取引高は、記録した日のピンポイントな数字だよ。他もそうだけどこれは特に日によって違うデータだから注意ね。

また例によって任意に集計項目も追加できるよ。例えばトヨタの株価とか。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150611j:plain

時系列記録とったものは分析シートにかけられるよ。

ここでも変化はデータバーで変化や比率が視認できるようになったことと増えた集計項目分、表がでかくなったくらい。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150619j:plain

フィルタで業種全部とか、市場全部とか。指定した日からの変化が各項目比較できます。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150631j:plain

任意の業種や市場の各データもフィルタできます。

このあたりは無料版でもできます。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150602j:plain

豪華版では、時系列比較できる数を増やしました。

INDEX、MATCH関数分かる人は無料版でも増やせると思いますし増やしてもいいですよ。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150639j:plain

注目シートは強化しました。

銘柄コード入れれば、簡易比較ができるように。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150647j:plain

注目シートを入れた状態で銘柄比較シートでフィルタすると、簡易時系列比較もできます。

このあたりは無料版でもできます。

 

f:id:kamomenotoushi:20170219150656j:plain

純利益とかでも絶対額で増えた減ったがわかります。

このあたりは無料版でも

 

だいたいそんな感じです。

無料版でもだいたい同じことできますのでまず無料版試して気に入ったら乗り換えがいいんじゃないかとわたしは思います。

 

その他Q&Aとかもある説明書はこちらだよ。

これは無料だよ。

市場統計推移記録表豪華版説明書.pdf - Google ドライブ