大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

(5271)トーヨーアサノ/日記(比)

スポンサーリンク

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績データはだいたい銘柄スカウターさん。株価・指標データは株プラスさんで財務は最新通期実績。またIRBankさんも見ながら記事を作ってます。各データは2018年5月11日取得。

比較銘柄

トーヨーアサノとその他

株価

2070円(人々は、大病を患いながらも高みを目指している。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 5271 5262 5288 3250
企業名 トーヨーアサノ 日本ヒューム

アジアパイル

ホールディングス

エー・ディー・

ワークス

市場 東証二部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 ガラス土石 ガラス土石 ガラス土石 不動産
時価総額(億) 29.8 253.9 224.8 132.8
株価 2070 865 651 41
決算期 2019/02予 2018/03予 2018/03予 2019/03予
予想売上(億) 150.0 350.0 800.0 240.0
予想営業利益(億) 5.2 18.0 30.0 13.0
営業利益率 3.47% 5.14% 3.75% 5.42%
予想純利益(億) 2.4 16.0 18.0 6.6
EPS成長率(年複利/期間) 13.1%/10年 3.8%/10年 -0.1%/10年 35.6%/10年
BPS成長率(年複利/期間) 2.3%/9年 4.1%/9年 7.4%/9年 22.6%/9年
PER 10.94 13.54 12.49 19.71
PBR 0.9 0.71 0.81 1.29
ROE 8.2% 5.2% 6.5% 6.5%
ROA 1.5% 3.4% 2.7% 2.6%
配当利回り 3.62 1.85 2.3 0.85
配当性向 39.7% 25.0% 28.8% 16.8%
総資産(億) 155.9 475.0 669.6 258.3
自己資本(億) 29.1 293.5 265.1 63.9
自己資本比率(%) 18.60 61.80 39.60 24.70
一言感想  利益乱れる 停滞 増収停滞 あげあげ

 今週は比較。配当性向が低い割には配当利回り高いかな?という感じのものからチョイスして比較します。比較の会社と数字は上記の通り。トーヨーアサノ。コンクリートパイルというか抗基礎。比較にコンクリート土管と同業。ゲストに抗基礎の上に建てられたマンションを富裕層に売ってるエー・ディー・ワークス

トーヨーアサノ。シクリカルだね。薄利で利益乱高下。悪環境でピンポイントに赤字も出たり。長くは一応蓄財くらいは。で、利益に連動するのか株価もみだれている模様。計画が出てまあ平年並みか。財務。長くみれば株主資本増やしているけど赤字出ると結構減ったりでスピードも遅いと言うか。横ばい色強いね。財務体質はあまり良くない方になるか。CF。以外に営業CF2009年以降赤字無し。ただし極めて乱高下。FCFもわりとプラスめ。そこそこ設備投資が必要そう。債務返して配当したら余力なくなるくらいかな。配当は利益水準で松竹梅みたいな感じ。梅は無配。

日本ヒューム。かなり戻れば赤字はあるけど、堅実で安定味のある業績推移。とはいえシクリカルということになりそうで利益落ちる時は落ちると。そのうり戻す感じだけど。蓄財が進んでます。財務。蓄財中。この安定性はお金持ちだからだろうね。かなり現金で資産を持ってます。お金吐き出せは一つの考え方だけどそうなると安定性は捨てることになるかもしれないね。CF。営業が乱高下あるもプラス死守。FCFもだいたいプラスでお金増える傾向なのでそのうち吐き出して欲しいはそう思うかも。で、会社もそのつもりなのか近年自社株買いを散発してます。配当と合わせて考えるならそれなりに高配当といえる水準になるかも。お金減ったら止まると思うけど。

アジアパイル。シクリカル。リーマンでやられ。その後ピークを作り今は二度目のピークに入るか入らないかくらいか。その他いろいろそんなもんだよね感。財務。近年蓄財傾向。わりと現金持ちでアサノよりは余裕有りそう。ヒュームほどではないです。CF。営業で毎年プラス。FCF出てるかなあ?っておもったけどそうでもなく。投資熱心だね。直近短信も「コンクリートパイル製造用設備及び型枠、施工機材などの有形固定資産の取得」で30億と営業CF以上の投資でつまりはやる気だしてる。で、足りない分は借りてるようでお金は自体は余り減らしてないね。

評価。乱高下で株価落ちて配当利回りは結構いい水準に来てるね。ここで利益が上振れしたらめっぽう楽しい展開は考えられる。も、下振れも考えられてそこに無配とか来たらわりと奈落。ボラティリティ覚悟なら結構面白いかもしれない。

ヒューム。地味だけど堅調だし還元にも目が向いてそうで評価を踏まえると以外に堅実な選択かも。シクリカル来たら泣いてくださいだけど。

アジアパイル。やる気を評価するならここかもしれない。2016、2017年で利益落ち込むも熱心な投資のせいかもちかえしてきてます。若干成長期待も入っているようにも思えるPERではあるので決算はちゃんと見たほうがいいとは思うけど、前のピークを超えてくれるならおもろいのではないか。

エー・ディー・ワークス。事業的にシクリカルだよね?って思ってみたら以外に堅実な業績。赤字なんて。利益が大きく落ちるのはあったりするけど。蓄財はだいたい順調で成長も見せてます。計画も強気だね。さすがに財務はわるめ。不動産販売だしね。営業CF赤字連発だね。順調ということになりそうだけどコケるときが怖いね。コケるとは言ってないです。評価は成長織り込んでますね。あとはお好みで。

日足週足月足の値動き判断

日足でさげ
週足であげてさげ
月足であげてさげてあげてさげ
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期でなんとも忙しい。乱高下酷いけど一応、底値500らの長期の節目で底値高嶺切り上げを見れる感じではある。直近底値は長期のトレンドが継続と見るなら底1935、1520・・ほんとは1160まで見れるなら乱高下もあって大きく取れる可能性はあるとみるのもご自由に。
ファンダ的には、決算ギャンブルにはちょうどいいかもね。CF出てるし株価下げるタイミングで買って我慢強く持てばわりと報われる局面もあるかなーって思います。株価下げてるタイミングとりあえず今だね。もっと下がることはないとか全く言ってないです。

参考データリンク

 銘柄スカウター:https://info.monex.co.jp/news/2017/20171026_01.html

 株プラス:https://kabu.plus

 IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 とくにないですよ。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールの後継バージョンで作成しました。

株探データで銘柄比較表

広告を非表示にする