似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(4523)エーザイ/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

エーザイとその他 

株価

5889円(人々は、劣勢の中反撃の機会をうかがっている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 4523 4502 4503 9989
会社名 エーザイ 武田薬品工業 アステラス製薬 サンドラッグ
市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 医薬品 医薬品 医薬品 小売
株価 5889 6185 1456 4625
時価総額(億) 17464.83 48914.1 30122.07 6212.82
予想売上(億) 5755 16800 12790 5645
予想営業利益(億) 600 1800 2540 365
予想営業利益率 10.4% 10.7% 19.9% 6.5%
予想純利益 398 1380 1980 248.9
PER 42.33 34.96 15.18 21.77
ROE 6.9% 6.9% 15.0% 17.9%
時総/収益(独自) 32.03 28.44 12.47 18.38
成長印象 停滞 いちおあげ 増益 あげあ
総資産 10204.45 43459.22 19012.37 2212.16
自己資本(億) 5762.9 20145.7 13196.52 1390.29
自己資本比率 56.5% 46.4% 69.4% 62.8%
PBR 2.92 2.4 2.28 3.89
配当利回り 2.5% 2.9% 2.5% 1.2%
配当性向 107.8% 101.7% 37.5% 25.4%

 今週は比較。今週は市場統計推移記録表で16/2/12比較でPBRを落としている225銘柄をチョイスして比較します。比較の会社と数字は上記の通り。エーザイ。PBR89%製薬大手。比較に同じく大手。ゲストに一般薬は置いてるサンドラッグ

製薬はディフェンシブと言われるだけあってかなり業績自体は底堅いというか赤字は2008年にあるくらいでしょうか。と言っても利益が前年から大きく落ちたりはして盤石かというとそうでもないし成長はしてないよね?って感じです。これから成長だ!なんて見込むのは相当な根拠がいると思うしそうでなきゃ停滞企業だと思っておくべきかと。財務も総資産横ばいってところですけど自己資本比率は上げていたりとつまり微妙に財務体質改善感。CFは2008含めて営業出てますしFCFもだいたいプラスです。配当は配当性向は100%越えですが営業CFからは案外無理はなさそうですね。むしろ現金増えてるし。

武田。2011年辺りまでは盤石の完全企業感ありましたが崩れて。でも赤字は2015年だけでそこから立て直って来てる感はあります。でも成長かというと過去のいい状態にどれだけ近づけるかみたいなところで大枠においては成長企業と見るのはリスキーかと。財務は悪化が続いています。立て直しにお金をばんばん投入してるということだね。総資産は増える中、自己資産は減っていると。現金も減ってるよ。CFも営業はプラスだけど2016年とかかなりギリギリっぽく。FCFもマイナスも目立つ。使いみちはと言うと配当が大半のようですね。この観点からなかなかお偉いさん方冷や汗出てるんじゃないかな?というところ。大型投資をしているようだね。買収みたい。うまくいくといいね。いかないと冷や汗どころじゃないかもね。

アステラス。10年レベルでは成長してないこともないけどこれも停滞だよねって感じ。安定性は半端ない方で赤字ないよ。利益前年割れはそこそこ。ただROEが改善?みたいなところはあるかもしれない。今後はどうだろうね?財務は健全も総資産増える中自己資本があまり伸びない形で自己資本比率は低下中。CFは盤石感のある営業CF。FCFもほぼプラスだけど大型投資する時は流石にマイナスだね。で、配当でカツカツ感ある大手製薬だけど直近は配当性向も営業CFからも負担は軽くはないけど重くもない・・つまりは増配できなくもない状況となってきてるね。財務はどちらかと言えば悪化なのでしても微妙な増配になると思うけど。

評価。エーザイは2016年2月より低いPBRつけてるけどこの会社が株価下降トレンド中であったという話だね。絶対的な評価はやっぱり高いと見るしかない水準ではあります。も、配当性向カツカツも案外このまま持ちそうです。あと感じるのは営業利益を大幅に減らしたときも株価推移は下がるけどゆるやかということですかね?中小がそれをしたときみたいに判断する間もなく大きく下に持ってかれるということは今までなさそうです。そういう意味では判断する時間があるという意味でやっぱりディフェンシブな選択になってくると思います。

武田。状態からすると高めだと思いますよ。配当で支えられている感はするけどこれも今後どうだろうか?感満載。盤石の企業だなんてイメージで持つと痛い目見るかもです。触らないほうが。

アステラス。状態としてはこの中で一番良さそうに思えるけど評価は低め。なかでもPERで見れる水準。不可思議とも言えなくもないけど配当で決まってる感はしてます。これ悪くないかもです。ディフェンシブな選択としていいかも?

サンドラッグは並べただけ。相変わらずバケモノ感あるスゴイやつ。安ければ喜んで。今はたぶん安くはない。たぶん状態悪化来ないと安くはならないっぽい。

 

日足週足月足の値動き判断

日足でさげてこれからどうか
週足でさげはさげ
月足で下げだけど感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 下げ方向はそうでしょう。でも長期で5366あたりで底堅い感はあり。その中で上値は落ちてくるという感じで。このまま上値が5366に近づくならそこで落ちなきゃあがるでしょ?みたいな狙いかたはありかもしれない。というわけで底は5366。切らなきゃ持つ。切ったら逃げる感。
ファンダ的には、絶対的な高評価に目を瞑れば案外選択になるかもです。こういう事になれば撤収するとするならこれで致命傷はなさそうという意味でディフェンシブに扱えそうです。株価上がるとか増配あるとか言ってない。

株探リンク・IRBANK

 エーザイ:http://kabutan.jp/stock/?code=4523

 武田薬品工業:http://kabutan.jp/stock/?code=4502

 アステラス製薬:http://kabutan.jp/stock/?code=4503

 サンドラッグ:http://kabutan.jp/stock/?code=9989

 IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表