読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(8038)東都水産/日記(比)

・日記 L銘柄比較
スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

東都水産とその他 

株価

1665円(人々は、攻撃を堪える中反撃をうかがっている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 8038 8030 8039 7421
会社名 東都水産 中央魚類 築地魚市場 カッパ・クリエイト
市場 東証一部 東証二部 東証二部 東証一部
業種 卸売 卸売 卸売 小売
株価 1665 273 1034 1238
時価総額(億) 67.03 117.81 23.24 611.75
予想売上(億) 1200 1980 790 826.84
予想営業利益(億) 10 11.5 0.15 19.34
予想営業利益率 0.8% 0.6% 0.0% 2.3%
予想純利益 7 7.5 0.7 11.77
PER 9.46 14.54 33.15 51.14
ROE 5.4% 3.6% 1.3% 6.9%
時総/収益(独自) 7.06 10.59 51.64 34.18
成長印象 停滞 停滞 低迷より停滞 低迷
総資産 250.35 595.59 144.77 331.47
自己資本(億) 130.58 203.91 55.14 170.08
自己資本比率 52.2% 34.2% 38.1% 51.3%
PBR 0.51 0.53 0.42 3.54
配当利回り 3.6% 2.2% 2.9% 1.6%
配当性向 34.1% 32.0% 96.2% 82.6%

 今週は比較。今週は、市場統計推移記録表でスクリーニング。年初より時価総額を90%以下EPS110%以上配当利回り3%以上からチョイスして比較。比較の会社と数字は上記の通り。東都水産。比較に水産卸。ゲストにかっぱ寿司

水産卸まとめて。業績傾向似てます。なかよく2009年に営業赤字その他は非常に利益率低空飛行もそんなにばんばん赤字までは。築地さんはちょっと収益体質が弱そう・・PBRも低めだね。売上的には中央は伸ばしてるね。利益は伸びてないけど。

基本的には冴えないなりに堪えている感のするところ。

財務的には、東都はあまり問題なさそうだけど、他は中央築地は有利子負債が多めとか営業CFに不安がありそうな推移であまり安心して長く持てないかも。

そういう意味では東都が一番気軽に持てそうだよ。ただ過去に減配実績もあるので(現金持ちなのにけしからんね)留意がいるかも。減配来たら買う方が面白くなるかもと思わないまでもない。

かっぱは、一時期低迷してて脱出したかな?ぐらい。無配落ちして復配も来てるね。ただ過去ほどは業績は回復してないと基本冴えない中どう考えても高いといえるPERPBRで来てます。なんでかと言えば優待のせいでしょうね。系列で使えるポイントで結構な利回りをキープしてます。優待狙いなら悪くはないかもしれない。業績は冴えないのでたくさん買うのは危険だと思うけど。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげ
週足でさげてとまった?感
月足で跳ねてまだ落ちている感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 直近順調も週足だとまだわからんね感あるし月足だとまだ下げてるね感はあります。底1520が反転は考えられるのでこれでいくのはありだとは思いますが、長期的には逆張りだと思っているのがええかと。
ファンダ的には、基本的には低空飛行も安定飛行っぽいので安いとか判断できるときになら。減配来るときならむしろ狙い目になるかも。

株探リンク

 東都水産:http://kabutan.jp/stock/?code=8038

 中央魚類:http://kabutan.jp/stock/?code=8030

 築地魚市場:http://kabutan.jp/stock/?code=8039

 カッパ・クリエイト:http://kabutan.jp/stock/?code=7421

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

株価は調子いい。

しかし問題は企業業績が後からでもついてくるか否か。

さてどうなのでしょう? 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表