読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(2281)プリマハム/日記(比)

・日記 L銘柄比較
スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

プリマハムとその他 

株価

406円(人々は、休憩の後再び高嶺をめざしている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 2281 2288 2282 2267
会社名 プリマハム 丸大食品 日本ハム ヤクルト本社
市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 食料品 食料品 食料品 食料品
株価 406 507 2770 4815
時価総額(億) 1025.65 671.92 5650.8 8470.08
予想売上(億) 3650 2360 12000 3890
予想営業利益(億) 117 44 510 365
予想営業利益率 3.2% 1.9% 4.3% 9.4%
予想純利益 71 29 325 280
PER 14.40 22.97 17.36 28.42
ROE 10.6% 4.0% 9.0% 8.7%
時総/収益(独自) 9.79 16.34 12.45 23.05
成長印象 あげあげ あげ あげあ あげあ
総資産 1570.43 1264.68 6909.56 5678.9
自己資本(億) 671.09 717.81 3593.57 3227.15
自己資本比率 42.7% 56.8% 52.0% 56.8%
PBR 1.52 0.93 1.57 2.47
配当利回り 1.0% 1.4% 1.7% 0.7%
配当性向 14.2% 31.7% 28.8% 18.9%

 今週は比較。今週は、10年間BPSを継続して増やしている企業からチョイスして比較します。基準は厳しめの毎年前年比105%以上。比較の会社と数字は上記の通り。プリマハム。ハム。比較にハムとゲストに日本ハムの球団繋がりなヤクルト。

2011年位からグロースな様相。BPSを順調に積み増しながらもROEは安定的。これ、食品の底堅さ(お客さんは繰り返し食べる。つまり一度きりのお客さんが少ない)もあってよいのではなかろうか。ついでにハム仲間でじゃPER低めだし。

丸大は、あげとかいたけど長期的には停滞寄りな推移。安いと思うときがあれば。ROE低めなのでPBRで判断するといいと思うよ。利益率低いけど不況知らずな面はある。さすが食品。

日本ハムも堅調な方だけど、堅調ぶりはプリマ優勢な感。評価もプリマとどっこいもあって自分としてはプリマ押し。日本ハムは規模の安心感あるけどね。

ヤクルトも堅調以上。全然悪くないし実は最近株安が進んでいるけど、絶対的な高さがね。明らかにハムよりヤクルトのほうが評価高いようでヤクルトおばさんは大勝利かもしれないけど投資家がチャート見て逆張りしても大勝利するかは微妙に思えるよ。

総じてやっぱり食品強いねって感じです。安くなったらこれら狙うのはとてもいいと思います。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげです
週足であげです
月足であげです
確認。

売買判断

テクニカル的には、 あら順調。今綺麗に上昇が見て取れます。428越えそうな勢い。順張りで見るのはいいんじゃない?底は直近の370でいいのでは?
ファンダ的には、悪くない。安ければ。って感じ。安定性のあるところは他にもあるので優待のハムが欲しくなければこれじゃなくてもいい感はしてる。これでもいいけど。

株探リンク

 プリマハム:http://kabutan.jp/stock/?code=2281

 丸大食品:http://kabutan.jp/stock/?code=2288

 日本ハム:http://kabutan.jp/stock/?code=2282

 ヤクルト本社:http://kabutan.jp/stock/?code=2267

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

IR BANK - 企業分析・銘柄発掘 さんが今日トラブルで使えなかったけどサービス主?様のご活躍で早期復旧。

ここほど投資情報の多いサイトは殆ど無いと思うのだけれども、公式?Twitterもフォローなくはてなブックマークもブックマークされず知名度ほとんどなさそうで、その便利さとのアンバランスさはこれはないでしょ?って思ってます。

皆様におかれましては、IRBANKさんの便利さを知ってTwitterをフォローしてはてなブックマークをして応援すべき。と強く言いたいところであります。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表