似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

2015/2/5 ワタミ

スポンサーリンク

投資関連で日々予想したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 分析に使うデータは、書いた時に拾ったデータでその日の終値とは限りなくぶれたりするでしょう。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。 データはだいたいヤフーか空売りネットか四季報さん。   ・銘柄(注目銘柄) ワタミ  

・価格 1195円(名声を地に落とした以上に人々は冷たい視線を送っている)  

・基準価格と判断理由 1500円(純利益が逆転するほど復帰した上で飲食の優等生の壱番屋の水準から三割引なところ)  

コード 7522 7550 7616 7630
会社名 ワタミ ゼンショー コロワイド 壱番屋
株価 1195 1061 1667 4860
時価総額(億) 498 1576 1255 776
売上(億) 1540 5092 1781 430
営業利益(億) 13 -17.7 67.5 42
経常利益(億) 2 -24 47.6 43
営業利益率 0.84% -0.35% 3.79% 9.77%
純利益(億) -30 -75 6 26
一株利益 -74.9 -62.2 8.01 162.9
株価/EPS -6.27% -5.86% 0.48% 3.35%
時総/経利 249.00 -65.67 26.37 18.05
時総/純利 -16.60 -21.01 209.17 29.85
自己資本比率 17.5 23.4 15.3 72.3

  今回はワタミ。その他ゼンショーコロワイド壱番屋。今回は問題があったり過熱感があるだろうなというメンバーを並べてみたものの多分比較にならんだろうなと思ったけどやはりという感じに。 そもそも赤字企業は評価が難しい。ぶっちゃければ赤字を垂れ流す企業は只でもいらないというところですけど、一応比較を試みる。 コロワイドは一株利益比で見るといい加減にしてほしいくらいの高水準ですがだいたい株主優待のせいじゃないかと。株主優待が狂った大盤振る舞いレベルな銘柄で優待ブームもあっておそらくここまで。コロワイド自体は優良とは言いがたいも順当に増収増益傾向。 壱番屋はこの中でピカピカの優等生。文句のつけようもない感じ。でも株価は結構過熱気味感がというところで。 ワタミは純赤字ですが、経常利益までは堪えてます。対しゼンショーは営業から赤ですので傷の深さはゼンショーの方が深刻でしょう。また24時間やるようですがニュースで伝え聞く上の人々の意識は変わってない模様ですが。ワタミもそうなんでしょうが看板替えなど姑息な手段で忘れられようとしているので人のうわさもなんとやらしぶとく復活するやも知れません。復帰すれば純利益も反転してみると無理やりな仮定で純利益30億。中身は壱番屋に相当負けているので壱番屋時価総額÷純利益の水準に三割減としてみる。 としてみたところでかなり精度低い感じな結論に。

 

・直近の値動き予想とその理由 日足で下げもトレンド変換?の疑いも感じられるような 週足さげ 月足さげ 確認  

・売買判断 テクニカル的には日足でトレンド変換した可能性も見れそう1238円を越えるようなら長期のリバウンドを期待はありとなりそう。 基本低迷だし月と週で下げているので長期は見ないほうが良さげな気配。 ファンダ的には復帰を織り込むなら。順当に復帰し利益を出し続ける未来が見えるなら。そうなれば上でつけた株価よりおそらく高くなってくるとは思ってます。 個人的にはワタミの会社姿勢は好きではないので買わないと思いますが。

 

・その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる) 赤字とか、低迷会社の評価は難しいなあと。 赤字の会社は買わないぞ。と思うのでした。 わからないものを買うのは危険ですので。

広告を非表示にする