似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(株)アウトソーシング(分) 2015/9/9

スポンサーリンク

15/10/20追記 レイアウト崩れすいません。 引越前崩れていません。

easy-log.net

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 分析に使うデータは、書いた時に拾ったデータでその日の終値とは限りなくぶれたりするでしょう。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。 今日は分析。データはだいたい株探か空売りネット。株価はだいたい記事のアップの先週末終値。ちなみに分析日記の補足はこちら

・銘柄(注目銘柄) (株)アウトソーシング

・価格 2544円(人々は成長を見せる会社に期待をし続けている)

・業績財務と指標とそれに対する分析

株価 変動率 PER 変動率 PBR 変動率 ROE ROA
2008/12(10年最安) 82 1.9 0.38 19.0% 7.9%
2011.12 424 31.4 1.78 5.6% 1.8%
2012.12 614 144.8% 13.8 43.9% 2.44 137.1% 17.5% 5.4%
2013.12 944 153.7% 12.2 88.3% 3.33 136.8% 27.5% 8.1%
2014.12 1858 196.8% 20.7 169.9% 5.07 152.0% 24.7% 6.5%
予 2015.12 2544 136.9% 27.3 132.1% 5.49 108.3% 23.5% 6.7%
平均伸び率 158.1% 108.5% 133.6%
4年伸び率 600% 87% 309%
売上 変動率 営業利益 変動率 営業利益率 経常利益 変動率 純利益 変動率 一株利益 変動率
2008/12(10年最安) 18,311 798 4.4% 822 510 43
2011.12 32,397 563 1.7% 702 194 14
2012.12 42,090 129.9% 1000 177.6% 2.4% 1153 164.2% 641 330.4% 45 329.6%
2013.12 47,384 112.6% 1202 120.2% 2.5% 1357 117.7% 1122 175.0% 78 174.2%
2014.12 59,421 125.4% 2010 167.2% 3.4% 2197 161.9% 1316 117.3% 90 115.9%
予 2015.12 74,000 124.5% 3100 154.2% 4.2% 3000 136.5% 1620 123.1% 93 103.7%
平均伸び率 123.1% 154.8% 2.8% 145.1% 186.5% 180.8%
4年伸び率 228% 551% 427% 835% 690%
純資産(1年ズレ 変動率 総資産(1年ズレ 変動率 自己資本比率 配当 変動率 配当利回り
2008/12(10年最安) 2,684 6,433 41.7% 0 0.0%
2011.12 3,475 10,700 32.5% 8 1.9%
2012.12 3,670 105.6% 11,921 111.4% 30.8% 8 100.0% 1.3%
2013.12 4,087 111.4% 13,866 116.3% 29.5% 13 162.5% 1.4%
2014.12 5,328 130.4% 20,343 146.7% 26.2% 35 269.2% 1.9%
予 2015.12 6,883 129.2% 24,132 118.6% 28.5% 35 100.0% 1.4%
平均伸び率 119.1% 123.3% 157.9%
4年伸び率 198% 226% 438%

今週は分析の週刊。アウトソーシング。派遣会社。主に工場相手みたいだね。 改めて数字を見ておどろいたのですが、数字の上では年二割成長するエクセレントカンパニーです。今後は知らないけど。 ここ数年で、株価は6倍ほど。売上は2.3倍。利益はそれ以上の伸びで4倍から8倍、EPSも7倍。 資産は純が二倍、総が2.3倍。配当も4倍超。規模を増すにつれ利益率も上がってきているのもなかなか無いかもしれません。規模を上げつつ効率化もできていると。会社は見違える変化を遂げています。今後はわかりませんけど。 過熱化ももちろん進んでます。実はPER的には冷えたとも言えなくもない数字ですがこれは最初は低迷してて利益がすくなくPERが高くなっているのが原因でしょう。PBRで見るとやはり過熱傾向を見て取れます。会社の変化より株高が速いです。 今後はわかりませんが、このエクセレントな変化が継続するならまだ妙味はあるかもしれません。直近株価は落ちてますし。 ただ加熱している域と言えそうですし成長以上の株高はやはり期待すべきではなさそうです。

・直近の値動き予想とその理由 日足であげてよこよこ 週足ではあげてきて直近おおきくあげ 月足でよこよこから覚醒感 確認。

・売買判断 テクニカル的には、短期は微妙。中期は押し目と見れなくもない感。長期は勢いある感じ。直近微妙なので待つのがいいかも。底は1523とかにしてみるといいかも。 ファンダ的には、数字上は現在勢いのある素晴らしい数字をたたき出している会社。この傾向は続くと考えるならなしではなさそう。ただしすでに割安とは言えない水準にあります。その傾向が崩れるときは覚悟はいるかもしれません。

・その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる) 今日はなんか上がってますが、大筋において絶賛総資産評価額を減らし中のわたしですが、保有会社をざらっと業績落ちたときどうかをチェックしてみました。 1過去に利益はどうか。どれだけ減ったことがあるのか。減っても回復し、更に伸びる傾向がみてとれるか。 2バランスシートは拡大する傾向にあるのか(10年純資産をぱっと見ること出来ないんだよね。ヴィレッジ・ヴァンガードの優待来たら四季報CD買うつもり) ようするに過去の業績悪化を越えてさらにいい会社になっているかをざらっとチェックしてみました。 いくつか怪しいのはありますが、ほぼだいたいチェックを通過してしまうわけです。怪しいのは優待利回りに優れていたりとか。 業績悪化を経験してない会社もあるのでこれは要注意ではありますが基本的には売るもんねえって感じです。長い視点を取ると売るもんないんです。もちろん次の不況の時を越えた時さらなる価値の向上を成し得ない会社も出てくると思いますが、総合して価値を増してくれるだろうと見込めそうだと考えています。(価格を増してくれそうだとはあまり思ってませんが) 企業業績の後退にも注意しつつ継続的に精査しますが、多くの企業においてまた業績が伸びるときが来るという仮定のもとに保有継続となりそうです。景気一巡まつわ。配当優待もらいながらってなりそうです。

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。 株式長期投資 ブログランキングへ