似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(株)光通信(分) 2015/8/25

スポンサーリンク

15/10/20追記 レイアウト崩れすいません。 引越前崩れていません。

easy-log.net

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 分析に使うデータは、書いた時に拾ったデータでその日の終値とは限りなくぶれたりするでしょう。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。 今日は分析。データはだいたい株探か空売りネット。株価はだいたい記事のアップの先週末終値。ちなみに分析日記の補足はこちら

・銘柄(注目銘柄) (株)光通信

・価格 8230円(人々は過去に株価を釣り上げたけどしばらくは様子見。それで会社の状態が追いついてきている)

・業績財務と指標とそれに対する分析

株価 変動率 PER 変動率 PBR 変動率 ROE ROA
2012.03 2939 19.6 1.23 7.2% 3.4%
2013.03 5600 190.5% 16.3 83.1% 2.42 196.4% 15.9% 7.3%
2014.03 8120 145.0% 13.0 79.8% 3.42 141.4% 25.4% 11.7%
2015.03 8750 107.8% 19.4 149.3% 3.08 90.0% 16.0% 6.1%
予 2016.03 8230 94.1% 17.3 89.0% 2.36 76.6% 13.6% 5.6%
平均伸び率 134.3% 100.3% 126.1%
4年伸び率 280% 88% 192%
売上 変動率 営業利益 変動率 営業利益率 経常利益 変動率 純利益 変動率 一株利益 変動率
2012.03 499,305 18371 3.7% 17627 7,828 150
2013.03 500,312 100.2% 24594 133.9% 4.9% 27186 154.2% 16,887 215.7% 343 229.3%
2014.03 565,165 113.0% 31763 129.1% 5.6% 39737 146.2% 29352 173.8% 624 181.8%
2015.03 562,509 99.5% 32084 101.0% 5.7% 36551 92.0% 20763 70.7% 450 72.2%
予 2016.03 570,000 101.3% 36000 112.2% 6.3% 38000 104.0% 22000 106.0% 476 105.7%
平均伸び率 103.5% 119.1% 5.2% 124.1% 141.6% 147.3%
4年伸び率 114% 196% 216% 281% 318%
純資産(1年ズレ 変動率 総資産(1年ズレ 変動率 自己資本比率 配当 変動率 配当利回り
2012.03 109,411 228,885 47.8% 70 2.4%
2013.03 106,167 97.0% 231,097 101.0% 45.9% 94 134.3% 1.7%
2014.03 115,687 109.0% 251,251 108.7% 46.0% 140 148.9% 1.7%
2015.03 130,062 112.4% 338,815 134.9% 38.4% 160 114.3% 1.8%
予 2016.03 161,203 123.9% 393,352 116.1% 41.0% 180 112.5% 2.2%
平均伸び率 110.6% 115.2% 127.5%
4年伸び率 147% 172% 257%

  分析の週間。今日は光通信。主に携帯販売も色々やっているイメージ。 株価は、2.8倍ほど。売上はそうでもないけど利益が順調に伸びて中でも純利益EPSは、三倍近く。 資産的には総資産は1.7倍の純は1.4倍ってところ。 普通に結構いい会社化が進んでいます。 目を引くのはPER的に過熱化が進んでなさそうなところ、資産の伸びは利益ほどではないのでこちらは過熱化してます。 この傾向が続くなら株価に反映は考えうるシナリオ。 も、売上はさほど伸びていないので利益もいつかは頭打ちでしょう。 妙味という意味ではさほど無いかも。

・直近の値動き予想とその理由 日足でさげっぽく 週足でヨコヨコの最中 月足でまだあげ 確認。

・売買判断 テクニカル的には、短期は危険も中期はヨコヨコっぽく。長期は上げているとは見れそう。現在は転換点と見れそうなので結構リスキーかも。いくなら底は6,300とかで。 ファンダ的には、利益改善はいいけど売上が伸びていない事が引っかかります。 資産的には過熱な部類になってますので収益にケチがつくと厳しい展開かも。つかなければもうちょっと上はありそうな。

・その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる) 暴落局面が続きます。 私の資産評価も引き続き目減り。も、売るものが無いんだよね。自分が持っているものは、配当利回り3%優待こみなら4%以上かつ基本それが永続する見込みが高そうと思ったもの。あるいは成長を見せているものを高くもないという価格で買ったもの。と、なるけど、いずれも値段が下がることは買う理由になっても売る理由にならないと。 &基本的に買ってもいいと思える値段でしか買わないので下がって売るは買ってもいいと思える値段で売ることになるんだよね。自分にはとてもしづらい判断。 ファンダメンタルズが悪化して高い、こんな値段なら買わないとなるなら容赦なく売ることになるんだけどね。 とか思って株価が下がるのを眺めています。 いつか回復すると思ってます。企業業績等ファンダメンタルズの悪化が確認されない限りは。

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。 株式長期投資 ブログランキングへ