読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

最高の資産

スポンサーリンク

数年以上も前、あるSNS内でのことです。
わたくしのフレンドのある方がいつか最高の資産を買うぞなんて方がいまして、まあ目標があることはいいことだねとか思ったりしながら、ふと・・
最高の資産とはなんぞや?とか考えたことがあったんですね。
まあ前提として自分は資産はあくまでも自分のポケットにお金を突っ込むものというふうに考えているとしておいてください。

その時にまあこれだろうと結論づけた答えがあります。
お金を生み出す資産というものにはある共通点があると考えたのです。
あの頃より株式投資により深く接するようになりましたがやっぱそうだよなあとか今も思いますのでそのことについての話です。

不動産?確かに最後は不動産に行き着く人多いですよね?
いや、株でしょ?だって株というか会社は成長する資産、もしかしたら成長する資産は株式だけかもしれません。
著作権などの権利?たしかにそれは無から富を生み出すものかもしれません。
それともお金?すなわち現金。これこそ最強の資産だって人は多そうです。
しかし自分の答えはいずれでもありません。

僕の考える最高の資産は、それはお客さんです。
どんな素晴らしい資産と思えてもそこにお金を払っていいという人、すなわちお客さんがいなければ自分の手元にはびた一文流れてはきません。
そしてお客さんが喜んでお金を出すものこそ資産というかそのお客さんこそ資産です。
悪く言えばお客さんが逃げれない逃がさない資産。逃げない逃げれないお客さん。
お金も汎用性の高い道具ですが、残念なことに持っているだけでは増えることはありません。少なくとも銀行に置く必要ぐらいはありそうです。やっぱりお金はただの道具。資産的に言うと資産、お客さんを買うための道具以上ではないかな?

素晴らしい不動産もそこを借りたい、お金を払ってもいいというお客さんがいなければ家賃などはいらないし固定資産税取られるだけの存在になります。
どんな魅力的な事業をする会社も結局はそこにお金を出す意思決定をするのはそのお客さんです。
人以外の何者も自分の持つ資産にお金を払うことを決定することはありません。
というより、お金を生み出しているのはその資産じゃなくてそのお客さんでしょ?
資産なんてもんは、びた一文あなたのポケットにお金を突っ込んだりしなくていつだってそれをやるのはお客さんという誰かです。


自分が見つけた共通点とはお金を生み出す資産というものにはお客さんというものがあるということです。
だから自分にとっての資産、最高の資産とはお客さんのことです。
というよりお客さん以外の何物もポケットにお金を入れないのならお客さん以外は資産になりえないというか資産と呼べるのはお客さんのみ位な勢いになりますね。
実はちょっと忘れてました。今後はその資産にはお客さんはいるかという視点を持とうと思います。
話はずれますが、そこに仕事があるならそれでお金をもらえるならそこにはお客さんがいるはずです。
お客さんのいない仕事などありません。ならばその仕事のお客さんはだれですか?なんて視点もあるなあなんても思ったことがあります。資産という面で言うなら資産も誰かに対して仕事をしているという見方ができそうです。

あなたが資産だと思うもの。
そこにお金を喜んで出すお客さんは存在しますか?その人の姿が見えてますか?
その人があなたの持つ資産にはお金を払ってもいいと意思決定し、その一部があなたの手元に行き着く流れが見えてますか?
お客さんがいつまでもその資産にお金を払い続ける姿が見えていますか?
それらが見えてないとするならその資産は実は資産でないか、資産でなくなる日が来るかもしれませんね。

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。

株式長期投資 ブログランキングへ

広告を非表示にする