大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

(1736)オーテック/東証ST/建設(分)

スポンサーリンク
f:id:kamomenotoushi:20221221222139j:plain

基本データと取り上げた理由

株価:3505円(人々は、しっかり足場を確認してから大地を蹴ってダッシュを決めてきている。)

基本データ
コード 企業名 市場/業種 時価総額(億) 決算期
1736 オーテック 東証ST/建設 199.79 2025/03予
予想売上(億) 予想営業利益(億)/利益率 長期平均営業利益率/年 PER PBR
300 30/10% 6.2%/18年 8.96 0.91
売上成長率(年複利/期間) EPS成長率(年複利/期間) BPS成長率(年複利/期間) 予想ROE 平均ROE/年
2.61%/18年 7.61%/18年 6.02%/17年 10.11% 7.6%/18年
長期営業CF(億)/年 長期投資CF(億)/年 長期FCF(億)/年 長期平均FCF(億/年)/年 実績ROA
189/18年 -90/18年 99/18年 5.47/18年 4.61%
総資産(億) 自己資本(億) 自己資本比率(%) 配当利回り(%) 配当性向
317.97 197.84 62.2% 3.71% 33.23%

 今日は分析。2024/5/29のKABU+データで配当利回り3%以上かつ予想ROE10%以上かつ実績で前期よりROEが伸びているもの(153銘柄)からきになったものをチョイスして分析します。配当利回り3%以上で効率もあげているというのを拾う意図。6月なんか忙しそうなので二週連続。オーテック。空調自動制御設備系建設。主にKABU+,銘柄スカウター,IRBank,株探からデータ取得今回データは2024年06月07日取得。

業績財務CF推移とそれに対する分析

業績

ざっくり業績推移をみてひと言「いちおあげ」

 

自動制御システム。設計から施工保守まで。

環境システム事業 | 株式会社オーテック

あとそれ系商社もしてそう。

管工機材事業 | 株式会社オーテック

 

規模はいい勝負だけど商社のほうは赤字感。環境システムにつなぐためのコストくらいの位置づけなのでしょうか。

 

 

保守よりにもなりそうで空調設備系の建設はわりと底堅いのが多く、ここもそうですね。

2000年からみて赤字なし。毎年も伸びるところもないけど長期には成長で利益率も上昇傾向。

BPSは右肩感ある。BPS成長率とると6.02%/17年ほどで抜けた感じでもないけど、ほどほど以上はあっていかにも底堅い推移。長期にROEも伸びてないこともなくROEも二桁乗せたりもして今後はあるいはもうちょっと上にでるかも。


原価率など。長期に原価率を減らしてきてるところも。販管費はのびて、地味に営業利益率はのびてもなく・・という感じで長期に良化。

 

労働集約色強いようには。そこで従業員みると。

長期に地味上げですが一人当たりの売上利益は伸びてるともし難くやはり、人を採れることが重要かなとは。

(IRBankから)

ここまでみて、成長してなくもないけど、おおよそ停滞というか蓄財とみてるのがストレスないかなとは。売上とかEPSの前年割れで投げるという種ではなかろうって意味的に。

 

あとは決算資料でも。

決算説明会|IRライブラリ | 株式会社オーテック

 

目先決算。受注も完成も繰越もハイレベルでいかにも順調。

 

コスト高は懸念だって。

その中で、増収も足踏みに近く大きく増益。

受注は一服感ありますね。絶好調がまだまだ続くと見るのもどうかな感もあり、やはり停滞しても蓄財を期待するのがいい塩梅ではないかなと。

まあ堅調な設備系建設。

計画出てるこのへんを維持を基準にみるのがいいでしょうかね。

DOEとかROEの目標もでてますし扱いやすさはあるのではないかと。

 

財務

蓄財。

(IRBankから)

総資産317億有形固定34億。固定比率は低いけど近年投資が進んでる感はあり。流動197億。現金68億手形類120億位ってところでしょうか。

負債115億。有利子負債15億で主な負債は支払手形等11億電子記録債務38億買掛11億とかで、有利子負債<現金ですしいうほど問題もなく、順調な建設感。

自己資本比率も改善が止まったのでもう財務改善もいいでしょうかんもあって還元にむかってきそうな。

 

CF

 

営業CF安定。投資もあるけどだいたいFCFもプラスで総じて安定感高め。

長期平均FCFは5.47/18年とそんなに高くもないのは留意ですが成長もあるので、もうすこしマシ。まあそんなにFCFは強くないかも。建設あるある。

還元は地味に上げてきてますが、現金は上げどまってきてるので目先はあまりはみな還元で吐き出すスタイルでこれ以上は増益ないとしぶいかも。

 

月足週足日足の値動き判断

月足であげ
週足でさげてあげ
日足であげてもみあい
確認。

評価・売買判断

テクニカル的には、年足。まずはついうきに結構順調。2006年高値超えるの2014とかはあるけど。

その中で2020-2023あたり調整が続いてたのが以降急騰で2023後半、2024年4月までのびたのが、目先は調整に来てる感じでこれを調整をこなしてまだ先をみるかいなか。

下はやはり目先安値3390とか、2024急騰前安値3010あたりを基準にまた4240あたり越えられるか?をみるかんじでしょうか。あと日足レベルでは出来高少ないので注意。

 


ファンダ的には、空調自動制御系建設とか保守とか。商社も。商社は赤字定着感。

いろいろみるに堅調な空調系建設業。わりと安定的で労働集約色近い停滞蓄財という感じ。人採れれば成長もしそうですし、目先はめっぽう順調。過去は後退もありあまり期待するな感はあるかもしれない。

CFは安定も強いって程でも、財務は健全。自己資本比率改善も止まっておりもう完成された感もあり近年は現金増やさず還元に向けてる感。

評価。

PER9のPBR0.9ほど。オーテックとしていかにもそれっぽいというか2014年以降くらいでいかにもよくあるPER水準で上も下も。下はPER5暗いうえはPER12くらいある。

PBRでは1はあまりつかない程度で評価高い寄り。順調がゆえにPBRはそこそこ高くでてるのは注意点。絶対的にはBPS6%に配当3.7%で9-10%くらいをPBR1以下は見れるとはみなせるかもしれない。ROEあがってるのでもう少し上振れするかもしれないし。とはいえ過去にはROE下がる局面もありPBR0.3台もある感じでもあり、元来というかそういうさえないときに拾った方がいい奴かもしれないねとは思ったりもしますが、その辺も踏まえて。

 

リンク

KABU+:https://kabu.plus/

銘柄スカウター:https://monex.ifis.co.jp/index.php?action=tp2&sa=report_zaimu&bcode=1736

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=1736

IRBANK:https://irbank.net/1736

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

とりたててとくにないぞ。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記:銘柄分析記事2022/12/19以後)

この記事の表とデータとグラフは以下のツールで作成しました。

銘柄スカウターで銘柄比較表

 

投げ銭。この記事やブログが役に立ったとかあったら投げてくれると嬉しいです。codocのアカウント登録とログインが必要でクレジット支払いコンビニ決済ができます。

投げ銭機能つけてみました - 大河の一滴

※有料部分の中身はありません。

この続きはcodocで購入