大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

(9672)東京都競馬 日記(分)

スポンサーリンク

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもいろんな企業の数字を見てみようという習慣でやってますので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。
記事は書き溜めておくためアップ時に最新データとずれてる可能性があります。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。

注目銘柄(市場/業種)

東京都競馬

(東証一部/サービス)

株価

4725円(人々は、かつて制した高嶺超えるべく準備を終えて挑戦を始めている)

業績財務と指標とそれに対する分析

f:id:kamomenotoushi:20180627202138j:plain

 今日は分析。今週は3年平均投資CF比率(http://kamomenotoushi.hatenablog.com/entry/2018/06/24/210000)の上位から気になったものをチョイスして分析します。東京都競馬。大井競馬・・の大家サマーランドもここ。数字は上記の通り。 業績データは主に四季報CD。最新株価・指標は2018年6月26日に取得。

長く安定的だけど成長のない停滞的な業績推移でしたが2014年になにかを掴んだのか利益が伸びる形。売上も伸びてきて成長風味になっています。2014年は競馬投票システムの新システム可動によるコスト減の影響が大きそうです。加えて前の年に買った倉庫の賃料もあると決算説明書で言ってるね。サマーランドは減益というか赤字だね。赤字額はたいしたことないけど。その後の期も競馬が順調で買収などもして成長をしてると。その後も見ていくと好調は主に競馬によるものだね。競馬の主催は地方公共団体東京都競馬は競馬関連施設や馬券投票システムの貸出が事業だけど、馬券の売り上げに連動してそうな趣き。ちゃんと調べてないので間違ってるかもしれないけど。ともかくシステムを更新して以来好調が続いています。

財務。総資産は伸びてるね。純資産は横ばいに近い微増という形で自己資本比率が落ちていますが、全体としてはとても健全でカチンコチンの部類。自己資本比率が大きく減ったのは2013年でここでたぶん大きめな投資とかしてそう。

CF。営業CFで安定。で、2013年に大型投資だね。ここで投票システムの更新だね。あと買収もしていると。たぶん倉庫。その後は投資も落ち着いていたけど2017年にまた大きめな設備投資しているね。たぶん遊園地事業へのテコ入れが主。(リンク先期がかわると意味がわからなくなるかも)「わんダフルネイチャーヴィレッジ)」では、都内最大級の池型フィッシングフィールド「FISH UP 秋川湖」を同年10月にオープンし」だって。遊園地もテコ入れしないといけないだろうけどあまり投資効率は良くないものになるんじゃないかという気はちょっと。CFマージンが相当な水準です。競馬場は消費者独占生あると言えそうです。配当は営業CFからは余裕ですが投資熱心もあり増配はこれ以上は利益が伸びないと難しそうだね。

とまあ安定的な業績とCFを背景にちょくちょく投資を行っている印象です。そして競馬投票システムへの投資が大いにうまくいった感。他はさほど結果は出てない感もあるので何に投資するとかには留意がいるかも知れません。

評価。高いと見るべきか。PERで40ほどPBRでも2.2ほどと絶対的に高め。過去の水準より高めですがROEの向上、見せてなかった成長も出てきてると一概に過去に水準に戻るは悲観的な見方かもしれないというか、常に高い評価と見るほうが妥当感。何かの間違いで評価が落ちるなら独占性もある事業してるし狙い目になるかもね。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげ
週足であげ
月足で調整して高値突破か?
確認。

売買判断

テクニカル的には、 2013年に吹いて5490をつけそこから長く深く調整。1930までつけ底から反転でけっこーなドローダウンもありながら4930まで。5490の高値をまた伺いつつあるという感じ。ここを超えれば強いとはなるね。そのシナリオを狙いにいくのはありかと。底は3320までは見ておきたいところ。ここを底抜けするなら5490越えはかなり遠のくとしてやはり逃げるのがいいようには思える。
ファンダ的には、儲かってるしとても安定だけど、高いというか常に高いとなりそうで投資妙味としてはどうか。何かの間違いで株価が落ちるならめっぽう面白いと思う。

リンク

ヤフー:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9672

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=9672

IRBANK:https://irbank.net/9672

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

特にないですが、そろそろお買い得とみなせるものがちらほら出てきてるかも。 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記分析四季報CD導入後)

広告を非表示にする