大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

(5901)東洋製罐グループホールディングス/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

東洋製罐グループホールディングスとその他 

株価

1942円(人々は、今は堪えながらも戦線を進めている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 5901 5204 5902 1301
会社名

東洋製罐グループ

ホールディングス

石塚硝子

ホッカン

ホールディングス

極洋
市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 金属製品 ガラス土石 金属製品 水産・農林
株価 1942 2393 424 3605
時価総額(億) 4229.19 86.86 285.55 393.96
予想売上(億) 7900 715 1235 2500
予想営業利益(億) 290 22.5 55 40
予想営業利益率 3.7% 3.1% 4.5% 1.6%
予想純利益 150 11.5 40 27
PER 26.26 7.28 6.46 14.02
ROE 2.2% 5.4% 7.7% 10.7%
時総/収益(独自) 16.42 4.63 5.31 10.72
成長印象 停滞 あげあげ 低迷より? まあびあげ
総資産 11531.08 842.74 1302.78 1074.22
自己資本(億) 6658.44 213.48 513.99 251.7
自己資本比率 57.7% 25.3% 39.5% 23.4%
PBR 0.59 0.39 0.5 1.5
配当利回り 0.7% 1.7% 1.8% 1.4%
配当性向 18.9% 12.2% 11.4% 19.4%

 今週は比較。今週は市場統計推移記録表で16/2/12比較でPBRを落としている225銘柄をチョイスして比較します。比較の会社と数字は上記の通り。東洋製罐グループホールディングス。缶詰からPETボトル。PBR98%。比較に同業っぽい。ゲストに缶の中身を作ってる極洋。ちなみに製缶とホッカンは統合話をしているようだよ。

製缶は大きくは横ばい。利益は安定しないところはありますが営業赤字は滅多に出さない安定感はあります。純は時々赤出てるようだけど。成長はしてないとみるべきかと。財務は 自己資本が横ばいの中総資産が増える形で自己資本比率低下。CFはというと営業CFは潤沢で主に設備投資に向かっているようですね。2012年に米国企業を買収しているようだね。けっこー業績に貢献しているように見えます。まだ買収する気みたいだしお金もあるね。増配は熱心ではなさそうだけど増配余地は結構ありそうだよ。

石塚。なにげに成長傾向。買収したみたいだね。この買収は成功したみたいで2016年から各数字がかなり見違えてるね。ただそれ以降成長か?というと微妙な感じですが。財務は有利子負債が重め。基本低収益で自己資本の積み上げもできてるのか微妙なライン。ただ現金に余裕が出てきてるね。CFは営業利益は順調も必要な投資はもっとあってFCFがマイナスな感じだったのが買収かそれ以上の営業CFがでるように。反撃のターンになるかもしれないね。

ホッカンは、製缶と似たような業績傾向。利益は伸ばすもというか2016年に売上減らしてるね。見ると「当社および国内連結子会社において、固定資産の減価償却方法を定率法から定額法に変更することによる減価償却費への影響および充填事業において、一部の取引形態を変更することによる売上高への影響が含まれております。」だって。問題ではなさそうだね。実際にこのあと利益水準が上がってるね。財務はというと有利子負債が重めだね。その中で自己資本を積み上げて良化は良化。CFは営業で順調も債務返済したいみたいだし必要な設備投資も多めで還元に回せるほど余裕はなさそうだね。

評価。製缶はPBRで低めとは思うけどROEが低く収益性が微妙なこともあってこんなもんかもしれません。買収とかまた飛んでくると景色が変わるかもしれないけど。

石塚は、冴えなかったのが買収で良化の兆し。営業CFの順調が続くならいろいろ手がうてるようになるかも?感の中PBR0.4程度。とはいえほかもPBR0.5〜0.6程度なのこれくらいで落ち着くは考えらなくもないけどわりと悪くないかもしれないね。

ホッカンは評価低いね。ありかもしれないね。

いずれにしても基本あまり評価されるタイプの企業でもないと思うし、成長にしろ評価水準訂正にしろ時間がかかると思います。

極洋は食品だけあってとても安定。評価は低くもないと思うけど成長も見せてて投資にも熱心でやる気もありそうだね。いいのではないだろうか。

 

日足週足月足の値動き判断

日足でなにげにブレイクアウト
週足ででも持ち合い中
月足で正しく三角持ち合い感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期で乱高下も下値上値切り上げ感。の中で三角持ち合いしてる感じ。1744下に見て長期の上昇トレンド継続をみるはあり得るかと。底は1744。2496突破したらおめでとう。
ファンダ的には、低収益で冴えないもやる気もありそう。よいかもしれません。注目するなら統合話はちゃんと聞いたほうがいいと思います。

株探リンク・IRBANK

 東洋製罐グループホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=5901

 石塚硝子:http://kabutan.jp/stock/?code=5204

 ホッカンホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=5902

 極洋:http://kabutan.jp/stock/?code=1301

 IRBANK:https://irbank.net/

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 特にないですね。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表

広告を非表示にする