似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

値動きエンターテイメント

スポンサーリンク

f:id:kamomenotoushi:20170114183314j:plain

ジェットコースターは楽しいものです。

それはエンターテイメントなのです。

それに対して実際は自分がなにかをしたとかできることなんてないんだけど、自分も振り回されてそれに身を委ねてればとっても楽しい。

似たようなものあるね。という話になるのかな?

それは値動き。

値動きは楽しいものです。

それに対して実際は自分がなにかをしたとかできることなんてないんだけど、自分も振り回されてそれに身を委ねてればとっても楽しい。


ほら、似てるよね?

それはエンターテイメントなのです。

そして値動きはさらにエンターテイメントかもしれない。
さも自分がなしたことの結果であるかのように意味ありげに資産評価額が値下がり値上がりして、自分が何かをしてればしなければその数字が良くなるなんて気持ちにさせられてそこでもぐるぐる回る。
ジェットコースターならあそこで背伸びしてたらもう一回ドロップできたのに!なんて思わないですよね?
ほら、よりエンターテイメントじゃないですか?


株価を見てぐるぐるぐるぐる。

一日の値動き見てあそこで買えば売ればよかったなんてぐるぐるぐるぐる。

資産評価額に対してできることなんてないのにそれがさもこれがお前の出した結果だとか言われた気がしてぐるぐるぐるぐる。
楽しいね、エンターテイメントだね。

できません。
資産評価額に対して自分ができることなんて。値動きがコントロールできないのであるなら。
それは自分ができることの範囲外からもたらされた結果です。それはまさにジェットコースターのレール。
コントロールし得ないものにぐるぐるされることになんて意味はない。
楽しいこと以外には。
そうなんじゃないでしょうか?


で、他にも似てることあるよね?

それにぐるぐる回されることにチケットを払わせられるところ。
楽しいことにはコストがかかる。

エンターテイメントにはチケットが必要なんです。

このチケットは、そのまま手数料と言うかたちかもしれないし、時間や手間かもしれないし、あるいは余計な不安や期待などの精神的コストかもしれません。
ぐるぐる楽しいのはそれ自体悪い事ではないと思いますが、そのチケットを払いすぎなんて事はないでしょうか?
本当は、チケットをもらいたいと思ってるのに実は払ってたなんてないですか?
というか、ぐるぐる回っている事に気が付かないほどぐるぐる回ってたりしてませんか?

もしチケットを払いたくないと思うならその楽しいぐるぐるやめてみませんか?

 

自分の場合

ジェットコースターには乗らねえよって思うようになってからジェットコースターのチケットを払わなくなったような気がします。乗らないんだから当たり前だよね。
ジェットコースターに乗らないと言うのは例えば、一日の資産推移は見てもそれが何か自分に対する評価とか実力を示すものではないとみなすようにするようにしたとか。
そんなものはサイコロ振ったら6の目が出たね程度の意味しかない。

手法とか狙いにもよるところはありそうだけど、自分なら一週間のそれも、一月のそれもサイコロを振ったら1の目が出たね程度の意味しかないです。
三ヶ月くらいからからようやく少しは自分がコントロールすることの意味が出てくるかもしれない。決算発表がそのスパンだからね。
端的にはレールをコントロールできない値動きジェットコースターには乗らない。の気持ちでいたいと思ってます。
一方で楽しいからチケットを払ってるところもあるね。例えばTwitterとか。これくらいだし楽しい事だからチケットを払ってもいいじゃないか的な部分もあったりします。


ジェットコースターは好きだけどね。
FUJIYAMAもスペースマウンテンも好きだしビックバーンコースターも名機だと思うし。
それは楽しいにチケット払ってもいい。
でも、値動きのジェットコースターにはチケットは払わない。
値動きエンターテイメントにはチケットを払わないぞ。が自分の目指すところなのです。

 

ぐるぐるまわる楽しい値動きエンターテイメント
それにはチケットが必要です
意図せずチケットを払ってませんか?
ならそのジェットコースター
降りてみませんか?

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
  にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

これもジェットスター

kamomenotoushi.hatenablog.com