似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(9090)丸和運輸機関/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

丸和運輸機関とその他 

株価

2589円(人々は、上場後の落ち着きどころを探している。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 9090 2384 9086 3088
会社名 丸和運輸機関

SBS

ホールディングス

日立物流

マツモトキヨシ

ホールディングス

市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 陸運 陸運 陸運 小売
株価 2589 806 2380 5480
時価総額(億) 415.35 320.13 2660.29 2994.06
予想売上(億) 660 1500 6700 5550
予想営業利益(億) 44.83 62 290 280
予想営業利益率 6.8% 4.1% 4.3% 5.0%
予想純利益 27.38 40 185 184
PER 15.15 8.00 14.35 15.87
ROE 15.8% 12.3% 9.2% 10.2%
時総/収益(独自) 10.25 5.62 10.04 11.44
成長印象 あげ あげ あげあ あげ
総資産 360.54 1223.97 5409.7 2837.24
自己資本(億) 173.17 325.68 2005.29 1790
自己資本比率 48.0% 26.6% 37.1% 63.1%
PBR 2.39 0.98 1.32 1.62
配当利回り 2.5% 2.1% 1.4% 1.6%
配当性向 37.2% 16.9% 20.5% 26.1%

 今週は比較。今週は、ROIC変則3年平均(四季報CDカテ)で15%以上のもの(該当493銘柄)を市場統計記録表にかけ16/11/9と17/3/24比較、すなわちトランプさん当選から株価を上げてないものからチョイスして比較。トランプ相場に乗り遅れてる地力のある銘柄を拾ってみようという意図。比較の会社と数字は上記の通り。丸和運輸機関。桃太郎便。比較に物流系。ゲストに桃太郎便を愛用するマツキヨ。

見える範囲で悪いことない。業績順調というかけっこーな成長かも。財務も改善気味。CFも安定だね。ただリーマン時とかの不景気時のデータがみれないのがちょっと。サンプル無しで挑んでみるのもいいかもね?とは思えるくらいよく見えるけど。

SBSは毎年前年上回るという感じじゃないけど地味に成長だよ。財務はけっこう負債も多いけどCFは安定的。不景気時も大過なく過ごした部分もあって悪くないと思う。ついでに設備投資熱心だね。成長意欲もあるんじゃないかな。

日立もかなりいい推移。毎年伸びるわけではないけど順当に伸びてるし財務とかCFも問題なし。ROEを上げてきてるのも好感。

となりましたが数字が一番良く見えるのは丸和。なんだけど、安定性の差を踏まえてもSBSとのPERの差はけっこうありますね。日立も知名度ボーナスがあると踏まえると丸和は差し引いて見ておくのが無難かも。という感じ。

上場後で言うほど過熱感はないと思うからそう簡単には丸和も冷えないと思うけどね。

マツキヨは並べただけ。とは言えマツキヨというかドラッグストアはあまり調子悪いの見た覚えもなくここも悪くない感じです。

 

日足週足月足の値動き判断

日足でさげ
週足でもちあいじゃなかろうか
月足でふいて調整中感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 上場で勢い吹き上げて反省中というところかな。中期で三角持ち合い入ってる感。2100底に見て3150、3300突破なんて夢見るのはいいかもね。2100切ったら撤退です。
ファンダ的には、悪いことない。ただ上場間もないので不都合なシナリオが来たときには不確定要因マシマシなになると留意しながらがよろしいかと。あと数字はいいけど運輸にしては評価高い感もあるのでこのあたりも留意かな。

株探リンク

 丸和運輸機関:http://kabutan.jp/stock/?code=9090

 SBSホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=2384

 日立物流:http://kabutan.jp/stock/?code=9086

 マツモトキヨシホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=3088

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

 とくにないです。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表