読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(3248)アールエイジ/日記(比)

・日記 L銘柄比較
スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

アールエイジとその他 

株価

512円(人々は、気持ちは離れてまだ振り返る気はあまり見せてない。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 3248 3464 4827 6037
会社名 アールエイジ

プロパティ

エージェント

ビジネス・ワン

ホールディングス

ファーストロジック
市場 東証マザ JQS 福証QB 東証一部
業種 不動産 不動産 不動産 サービス
株価 512 1862 379 1659
時価総額(億) 16.29 30.91 15.72 97.55
予想売上(億) 41.5 125.7 60 16
予想営業利益(億) 4.53 9.64 5.5 5.9
予想営業利益率 10.9% 7.7% 9.2% 36.9%
予想純利益 2.6 4.65 3.2 3.85
PER 6.26 6.65 4.91 24.38
ROE 10.4% 15.5% 24.2% 20.8%
時総/収益(独自) 4.15 3.95 3.28 18.11
成長印象 停滞 あげあげ あげあげ あげあげあげ
総資産 84.52 115.47 90.77 21.91
自己資本(億) 24.9 29.91 13.21 19.24
自己資本比率 29.5% 25.9% 14.6% 87.8%
PBR 0.65 1.03 1.19 5.07
配当利回り 3.6% 0.9% 0.8% 0.0%
配当性向 22.6% 6.1% 3.9% 0.0%

 今週は比較。今週は、10年間BPSを継続して増やしている企業からチョイスして比較します。基準は厳しめの毎年前年比105%以上。比較の会社と数字は上記の通り。アールエイジ。不動産。比較に不動産仲間っぽいのとゲストに最近注目を浴びた感もある大家さん向けサイトのファーストロジック

この会社不動産だよね?って数字見て思いました。こんなに安定的な推移をしている(販売系)不動産屋初めてかも。不況知らずで利益ROEは安定。CFは乱高下するもプラスで固定。

ただ有利子負債が成長ないのに増えてきてるのでここは不安要素が隠れているかも。でもいまのところ堅調そのもの。成長はないけど配当利回りを取りに行くって考えは悪くなさそうな。

評価的にも低い方になってきてるっぽい。よいかもしれぬ。

プロパティさん成長っぽい推移ですが、CFは毎年赤字です。不動産の鑑。でも決算推移は順調よ。

ビジネスワンさん業績絶好調ですね。うーん有利子負債増えてて営業CFマイナスばっかですね。これも不動産の鑑。

さて、アールエイジは不動産にしてはまあ珍しく堅い感じだけどそれでも有利子負債増えてる・・つまり見てないから間違いかも知んないけど、借金して在庫の不動産買ってるみたいなところはあるかもしれない。他は言わずもがな。

傾向としては今は不動産は好調傾向。しかし債務に任せてよりリスクをより取る形でなんて見えてきます。今は好調。でも好調じゃなくなる時どうなるか?は考えてもいいかも。

歴戦の大家さんは最近の不動産市場に警戒心を強めているようでもありますね。

で、ファーストロジックさんだね。

超絶好調だよ。ただ今は立ち上げ期でもありそうなのでこの成長力は落ち着いて来るだろうとは思います。それがどれくらいに落ち着くか?(成長がとまるもあるかもしれない)は私にはわかりません。

評価的には成長すると期待されている評価だと思います。もちろん有望に入るとは思います。リスクを考えてその上でリスクを取るかどうかは考えてもいいと思うよ。

 

日足週足月足の値動き判断

日足で直近ガンときてます。下げに転じたとみるべきか。
週足でさげです。
月足でさげです。
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期中期で弱めな中短期も直近どんと落としてるね。分は悪いと見なすべきか。逆張りさんなら462で傾向は変わることになると見込みそこを底にしては考えられるけど。
ファンダ的には、堅実だけど評価を落としてきているところ。狙い目になってるかもしれません。不良在庫には少々留意がいるかも。あと不動産市場全体のこともちょっと考えてもいいかも。

株探リンク

 アールエイジ:http://kabutan.jp/stock/?code=3248

 プロパティエージェント:http://kabutan.jp/stock/?code=3464

 ビジネス・ワンホールディングス:http://kabutan.jp/stock/?code=4827

 ファーストロジック:http://kabutan.jp/stock/?code=6037

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

とくにはないですよ。 

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表