似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(6023)ダイハツディーゼル/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

ダイハツディーゼルとその他 

株価

646円(人々は、逃げてきたけど心変わりしかけている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 6023 6016 6018 7018
会社名 ダイハツディーゼル 神戸発動機 阪神内燃機工業 内海造船
市場 東証二部 東証二部 東証二部 東証二部
業種 輸送用機器 輸送用機器 輸送用機器 輸送用機器
株価 646 70 193 163
時価総額(億) 205.75 19.6 30.96 36.72
予想売上(億) 600 98.4 125 305
予想営業利益(億) 28 0.7 6 4
予想営業利益率 4.7% 0.7% 4.8% 1.3%
予想純利益 19 0.5 4.3 1
PER 10.82 39.11 7.18 9.21
ROE 5.5% 1.0% 3.9% 4.5%
時総/収益(独自) 8.07 31.36 5.48 14.40
成長印象 停滞 低迷 あげ 停滞
総資産 756.52 119.01 188.84 333.4
自己資本(億) 343 47.2 111.59 66.65
自己資本比率 45.3% 39.7% 59.1% 20.0%
PBR 0.6 0.41 0.28 0.41
配当利回り 2.3% 0.0% 3.6% 1.2%
配当性向 25.1% 0.0% 26.0% 11.3%

 今週は比較。今週は、10年間BPSを継続して増やしている企業からチョイスして比較します。基準は厳しめの毎年前年比105%以上。比較の会社と数字は上記の通り。ダイハツディーゼル。自動車エンジンというよりは船舶エンジンっぽい。比較に船部品仲間とゲストに顧客の造船。

造船関連なんて・・・と思いそうですが、案外堅調です。それもとても堅調です。PBR0.6は低めな気がしますが造船関連なんて見向きもされないのかだいたいこのくらいのようです。でもROEも低めだしこんなものか。

BPSは順調で評価もほどほどっぽいのでわざと損するように扱わなければそんな酷い目に合う可能性実は低いと思います。

神戸発動機は、これが造船のイメージだよとか思ってしまいそうな低迷っぷり(失礼)赤字を脱していたり現金もそこそこあったりとすぐには潰れる数字には見えませんが、わりと明るい未来は見えない感じ。PBR低いからとか買わないほうがいいと思います。

阪神さんは堅調です。意外と頑張ってる感あります。CFも毎年出てて貯金も順調でと。PBR低めでわりと現金も時価総額と近く配当利回りも多くバリュー的な狙い目かもしれません。

内海造船は、安定しませんね。結構赤字が出てます。CFも赤字が続いたらいきなり大きくお金が入って来るなんて推移。いきなり大きく入ってくるお金が止まったりすると危険だと思うよ。PBR低めだけどBPSも順調に増えるという感じでもないところがまた狙いにくそう。帰ってもらうのが良さそうな。

 

 

日足週足月足の値動き判断

日足で下げからの上げ
週足でさげて直近跳ねた感もやっぱりまだ下げ
月足でさげじゃないかな?
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期では下げていると言えそうな中直近のあげが傾向転換となるか?だと思います。見込むのもありなように思えます。さすれば底は520あたりあるいは天井683を破るなら中期であげ転換したと見ることもできそうだし。
ファンダ的には、堅調だしそれが続くと見込めるなら長くもってそんな酷い目にあわなさそう。今回は阪神さんの方がお勧めできそうだけど。

株探リンク

 ダイハツディーゼル:http://kabutan.jp/stock/?code=6023

 神戸発動機:http://kabutan.jp/stock/?code=6016

 阪神内燃機工業:http://kabutan.jp/stock/?code=6018

 内海造船:http://kabutan.jp/stock/?code=7018

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

結局トランプ騒動で行って来いした状況か。

結局何もせず見てただけでした(ちょっと指してたけど刺さらず)

 今回で潮目が動くのかもしれないけど、それは年単位以上の長いスパンだと思うし、とりあえず今は静観だよ。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表