読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(6857)アドバンテスト/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

アドバンテストとその他 

株価

1436円(人々は、落ちた後その場に踏みとどまり様子を見続けている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 6857 6871 6941 6702
会社名 アドバンテスト

日本

マイクロニクス

山一電機 富士通
市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 電気機器 電気機器 電気機器 電気機器
株価 1436 1420 850 570.1
時価総額(億) 2865.78 568.36 197.96 11801.17
予想売上(億) 1560 285 260 46000
予想営業利益(億) 110 18 21.5 1200
予想営業利益率 7.1% 6.3% 8.3% 2.6%
予想純利益 85 11 17.8 850
PER 29.49 51.15 10.76 13.87
ROE 9.7% 5.1% 10.7% 10.5%
時総/収益(独自) 27.29 34.98 9.64 #VALUE!
成長印象 低迷 低迷 低迷脱出? 停滞
総資産 2056.51 357.74 258.66 30086.95
自己資本(億) 878.34 217.47 166.13 6798.44
自己資本比率 42.7% 60.8% 64.2% 22.6%
PBR 2.85 2.59 1.15 1.46
配当利回り 0.0% 1.1% 1.8% 1.4%
配当性向 0.0% 54.0% 19.0% 19.5%

 今週は比較。今週は、日経225リストを見てあ、これよく知らないってものを拾って比較してみます。比較の会社と数字は上記の通り。アドバンテスト半導体検査機器。比較に半導体関連。ゲストに最近PCを見捨てに来ている富士通

各社見て思うのは半導体って糞だなってこと。言い方汚いですが。

儲かりません。というより当たり前のようにバンバカ赤字が出てきます。ちょっと前までは半導体とかハイカラなイメージだった気がしますが競争が激しいのかこれら血反吐を吐いてチキンレースしている感すごいです。

でもリーマン後に黒字とかは出てます。今後は良くなると思えるなら選択肢にもあるかもだけれども。自分は触るべからずですが。

それにたいして富士通は時折赤字は来るも半導体しかない彼らに比べればかなり安定的。営業利益で言うなら赤字無し。

よするにマスターであるし他に色々ある富士通は、これはダメだという風になってきたらさっさとダメなもの捨ててるみたいな感じなんでしょうね。で、今回はコンシューマPC。

で、捨てたら全部なくなってしまう半導体専門は血反吐を吐きながら生き抜いてきて今はなんとか青色吐息と。根本的な環境が変化しないとまた血反吐を吐きそうな。

なかなか世知辛いね。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげ
週足で上げてきて跳ねる
月足で落ちて停滞くらい感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 中期までは強いのだけれども長期で行ったり来たりの上の方。1676越えれば強い感はありますがあまり強くないと思ったほうが。1000とか切ったら考えてみてもいいかもみたいなところはあります。
ファンダ的には、さわらん方がいいと思います。基本的に泥舟に思えますし。今は浮いてるようだけれども。

株探リンク

 アドバンテスト:http://kabutan.jp/stock/?code=6857

 日本マイクロニクス:http://kabutan.jp/stock/?code=6871

 山一電機:http://kabutan.jp/stock/?code=6941

 富士通:http://kabutan.jp/stock/?code=6702

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

特にないですよ。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表