読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

ファンダメンタルズ系お気に入り投資本

スポンサーリンク
 以前こんな記事を書きました。

kamomenotoushi.hatenablog.com

 

投資に間接的にいいかも?と思える本をつらつら並べたものですが、そういえばストレートに投資本をまとめた事ないよね?って事で今回まとめてみます。

というわけでFPかもめオススメファンダメンタルズ株式投資本は以下。

はじめの一冊 

主に四季報を用いたやり方を丁寧に解説されてます。

基本的な知識を体系だって得るにはとてもとてもいいと思います。

 

心構えの本

 心構えというとなかなか曖昧で具体的ではなく体系的に学ぶのは難しいかな?と思います。またいう人によって違う事を言ってたりして混乱混同しがちになるかもしれません。その中でファンダメンタル投資における心構えを体系的に筋の通った内容でまとめられてます。

ファンダメンタルズ系のお手本の心構えとしてはこれ以上のものはないかもしれません。

あくまで、心構え。ノウハウの本じゃないよ。

 

著者さん知名度は高くもなく、FPかもめの知り合いの著者だったりしますが、その字そのままの投資に対する心構え、転じて哲学をシンプルに奥深く述べられた本です。

うまくいかない時、迷った時に読むと刺さる言葉があると思います。たぶん。

どちらかと言えば初心者向けというよりはいくらか投資に向き合った中級者以上の方が改めて自らを振り返るなんて向きに良さそうな本です。

ぶっちゃけ、著者さんはトレーダーさんなんですが、投資、トレードに区別の以前の話になります。ちなみにアマゾンのレビューの一番手を書いたの自分です。

 

ロバキヨあたりは迷いところだけど関連本で取り上げたし、ここではスルーです。

 

財務諸表の読み方

バフェットさんの財務諸表の見方に習って優良企業の判断の仕方を解説しています。これ見て思うのは、財務諸表からいい会社を判断することって別に高度なテクニックや知識など要らなくて、素直に数字を見ていくことだってわかると思います。

 

 こっちはよりストレートに関連しそうなので関連本で取り上げたけどこっちも。会計というと小難しそうですが、元々会社というものの状態をわかりやすく誤解なく把握するためにもので本来わかりにくいはずがないんです。会社という存在は実際複雑で難しくなることもありますが、そういうときこそ会社の状態を見るということのために会計ってよく出来ているもんだなって思えるような本です。これは、上の投資関連本と被るのですが、ファンダメンタルズ系投資においては、決算書を読めないことには、こなしていくことは難しそうです。

決算書への苦手意識を軽減するために、またより深くスマートに理解するために役立つ本となりそうです。 

事業判断

 世の中にはとてもしぶといというか、環境が悪くなろうとライバルが現れようと、堅実に稼ぎ続ける企業があります。そんな企業がなぜそのようにできるのか?という要因をまとめています。

これを読めば堅実な底堅い事業が判るようになると思います。あとはそれを安く買いなさいという趣旨の本です。

ビジネスモデル分析は難しい(何がより流行って衰退するのかとか)ものですが、ある種の企業はかなり業績を予測していくことが可能っぽいていうのが説得力をもって書かれてあります。

FPかもめは、おそらく定量よりの投資判断をするタイプで定性分析は苦手だとおもいますが、定性分析はこれをかなり参考にしていると言えるかもしれません。

 

確率論

 

 確率といえば単純な様で奥深い概念です。これは完全に投資の本というわけではないですが、投資をするにあたって確率と向き合うことは避けて通れぬと思います。確率の話を突き詰める事によって投資家の実力とはなんなのか?その中で自らはどのように考え投資と向き合うべきか?ということに大いに参考になると思います。

 

こんなところでしょうか?

少なめかと思いますし、実際FPかもめはもっともっと読んでたりしますが、たくさん読めばいいというわけでもないと思います。

たくさん読むのはもちろんいいことだと思うけど、知識をつけるにあたって幹となる部分・・基準があるとより良いと思います。

ここではその幹となる基準に良さそうというものを上げてみました。

よければ手にとってくださると嬉しいかも。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。