読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

20戦20勝と20戦20敗

スポンサーリンク

f:id:kamomenotoushi:20160430183841j:plain

20戦20勝 

なんて甘美な響きなのでしょう。

仮にそれの勝つか負けるかが50%なら20回取引し20回プラスになる確率は、2の20乗のおよそ104万分の一です。

まあちょっとランダムにやってそういう結果になるとは考えにくいでしょう。

 

そして自慢です。

自分はこの文章を書いている2016年4月25日の時点で、取引ベースで現在20連勝中です。

直近の20取引においてそれのつけている株価は自分の買値より上です。

その甘美を幸いにも味わうことができたということです。

スゴイでしょ?

 (ちなみにこの記事をあげた5/7時点では16連勝でストップしてます。2016年に買ったものでいうと24戦21勝といった感じ。いずれにせよ今後はわかりませんが)

しかしこんなものは揺蕩うような実態のない幻のような自慢なのです。

 

この自慢。

自分は百万分の1を運だけで引いた超ラッキーボーイだという意味ではありません。

現在それらはほぼ持ってます。(一部を他のものに買い換えるために利確で売却がちょっと)なのでほぼ含みであって今後この20連勝は消えるかもしれない。あると思いますがそういうことでもない。

去年買ったものは株安を受けて相応に減っているのでトータルではちょんちょんくらいで実は大したことはないと思ってるけどそういうことでもない。

 

自分は、今後20戦20勝が20戦20敗になることはありえるし、あるいはそういう今があり得たと思っているのです。(一部利確したので20戦20敗はもうないか)

 

だからこの自慢はサイコロを振って6が出たぜくらいの意味です。

サイコロの目は、百万の目があるわけではなく極論するなら(サイコロの目はいくつあるかはわからないけど)20戦20勝の目と20戦20敗の目があって、単に今は20戦20勝の目が出てるねやったね。というぐらいの意味しかありません。

自分の想像するサイコロはそうであるしその中でよくある出目がでたくらいで自分はちょっとラッキーボーイなんだ程度なんです。 

自分は基準を設けて買いました。

もちろん当てずっぽうにこれらを買っていったのではなく、それぞれの個別で違いはあるけど、それぞれ条件を満たすものをそれぞれの狙いをもって買っていったわけです。

なんでそのように判断したのか?の違いはあるけど、端的には以下の様な基準となるでしょう。

”十分安いと言える。もう十分に安くなった”です。

そして安いのは訂正されるというサイコロの目がでたから、それは20戦20勝という極端な数字になった。

極端なものは逆転するならまた極端です。安いのは訂正されずさらに安くなるという目が出てたらそれは20戦20敗となった今があったはずです。あるいはそうなる未来があるはずです。

(余談だけどある基準で買ってそれが20戦20勝になるんだから市場がランダムウォークは実感的に否定する立場になるね)

 

そんなことは ありえないとは到底言えません。為替でも原油でも今もっとこじらせていたら人々は安いものだろうが訂正する気にはならなかったかもしれない。

熊本の代わりに関東に地震が来てたのなら、人々は我先にと逃げていたかもしれない。

そして自分はそれらに対して無策でいくとした上で買ったんです。

 

もう一度いいますよ。自分の判断根拠は・・

”十分安いと言える。もう十分に安くなった”です。

もうこれから反転して株価はあがるだろうではありません。

これ以上安くはならないだろうでもありません。

円安はもうこれ以上進まないだろうでもありません。もちろん原油にも自分は何も意見もありません。

 

これ以上安くなるかもしれない。でも、安くなっても構わない。それでも手放さない。もうリスクを取るべきだ。そうしていいと思えるほど安くなった。幾つかはだめになるかもしれないが、長い時間の中でトータルではプラスを見込めるはずだ。です。

そのような考えで安くなったものを買いに行く行為。殆どにおいては落ちるナイフを逆張りで掴みにいく行為をしたわけです。

 

その後の今の市場(あるいは世界、神でもいい。端的には自分がコントロールし得ないもの)が振るサイコロの目が安くなりすぎたものは戻す方向にいくになっただけにすぎません。そして今後振られるサイコロは自分に不利に働くかもしれない。

自分のやり方は本当に偶然まぐれで気まぐれな市場の賽の目に合致しただけ(それもこの記事を書いている今だけ)にすぎないのです。

 

20線20勝なんていつ20戦20敗に変わってしまうかわからない危うく心もとないもので全然甘美なものじゃなかったのです。

だってそうでしょう?そのサイコロの目は全部プラスがあったんです。ならば当然全部マイナスの目があるということです。自分はそういうサイコロを振っていたんだと知ってしまったんです。

今の結果は、自分のチカラを示したものでも利益を保証するものでもなくある意味とても空っぽなものなんだなと感じています。

利確しろって?やだよ。自分は自分の狙いが達成したかどうかも確認できてないものを売るとかしたくないです。仮に大損するとしても自分はその狙いをなし得るかどうか確かめにいくつもりです。

 

あなたはどんなサイコロを想像しどんな出目を狙いそれに賭けるのですか?

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。

広告を非表示にする