似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(3930)はてな/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

はてなとその他 

株価

3200円(人々は、注目の老舗ネット企業で遊んでる。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 3930 6180 3828 7974
会社名 はてな GMOメディア ニフティ 任天堂
市場 東証マザ 東証マザ 東証二部 東証一部
業種 情報通信 サービス 情報通信 その他製品
株価 3200 3380 1000 15970
時価総額(億) 84.86 63.17 227.8 22624.54
予想売上(億) 14.8 41.5 670.0 5,700.0
予想営業利益(億) 1.9 4.4 14.0 500.0
予想営業利益率 12.6% 10.5% 2.1% 8.8%
予想純利益 1.1 2.5 9.0 350.0
PER 80.8 24.9 25.3 64.6
ROE 17.3% 41.8% 3.0% 2.9%
時総/収益(独自) 52.6 16.2 18.0 47.6
成長印象 一応成長 あげあげ 低迷 回復
総資産 7.7 7.7 425.0 14097.4
自己資本(億) 6.1 6.1 302.3 12068.4
自己資本比率 78.9% 78.9% 71.1% 85.6%
PBR 13.98 10.41 0.75 1.87
配当利回り 0.0% 2.2% 4.0% 0.9%
配当性向 0.0% 50.5% 101.3% 51.5%

 今週は比較。今週は何の方針もなく目についたものを比較。比較の会社と数字は上記の通り。はてなIPOしたばっか。比較はこれも新参のGMOメディアとネットの老舗のニフティとゲストにはてなの顧客でもある京都繋がり任天堂

基本日記で取り上げるのは時価総額順で先週末時点でエスクリを上回る時価総額がついていたけど、自分的にはどう考えても株価がぶっ壊れているとみなしたのではてなが最後。

はい、IPOの意味不明さを見事に体現し株価はぶっ壊れてます。この文章を書いているのは週末ですけど、恐らくですがさすがに金曜にはエスクリの下の時価総額ついている気はする。でもIPO後の株価など意味不明だから案外PER100ぐらいつけてるかもだけども。

人気になる理由はあげられなくもないですが、例えばはてなは昔から知名度のある企業ですし、はてなを欲しがりそうな投資にも関心あるはてなユーザーは多そうで実際かなりの注目を浴びてもいます。その中で2016初のIPOで市況が渋い中、人気集中だしそれを見込んで短期にも狙われさらに人気集中とか。全部後付だけど。

ファンダ的に言うなら明らかに不合理な株価です。ええ、言い切ります。根拠なき超絶高値です。

で、老舗もあって成長も微妙じゃないだろうか。新規の資金調達額も少ないようだし。そもそも成長を目指してのIPOであるかどうかも疑うところ。

成長する気ない会社に成長を期待するのって良い投資じゃないよね?

贔屓目に見てGMOメディアくらいの評価でいい気はします。実際見える数字はGMOメディアのほうが上と言えそう。GMOメディアも過熱気味っぽい評価に見えますけど。

ニフティは低迷ですね。PBRは過熱感ないですが状態が流石に悪い。状態の割には少々高い気も。ユーザーも多そうで結構人気があるのかも。復活期待もあるのかも。復活するなら。

任天堂はならべただけ。高いと思います。この中ではそれでもまともに見えますが。

日足週足月足の値動き判断

日足はなし 
週足はなし 
月足はなし 
確認。

売買判断

テクニカル的には、わかりません。投資家心理の傾向を考えるほど期間が揃ってません。 
ファンダ的には、超絶高いです。

というわけでなんらかの根拠、傾向性を判断してどうのこうのというものではありません。なんにしろ触るべきでない。と言っておきます。

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

なんか今週は順調。帰って実際に記録見ないと断言できないけど本日でおそらくは損益額ベースで年初来プラス。

 実は結構欲しかった記録。まだ断言できないけど。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表