似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(3635)コーエーテクモホールディングス/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

コーエーテクモホールディングスとその他 

株価

1521円(人々は、優良だけど比較地味めな会社を比較ちょっと下目に見ている。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 3635 9684 9697 2730
会社名

コーエーテクモ

ホールディングス

スクウェア

エニックス

・ホールディングス

カプコン    エディオン   
市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 情報通信 情報通信 情報通信 小売
株価 1521 2625 1950 836
時価総額(億) 1638.47 3210.08 1320.6 936.37
予想売上(億) 400.0 2,100.0 760.0 7,200.0
予想営業利益(億) 100.0 210.0 120.0 170.0
予想営業利益率 25.0% 10.0% 15.8% 2.4%
予想純利益 95.0 145.0 77.0 75.0
PER 17.2 22.1 17.2 12.5
時総/収益(独自) 15.1 16.6 12.2 6.4
成長印象 増益 あげあげ 停滞 増益
総資産 1045.4 2250.5 1114.3 3864.8
自己資本(億) 976.8 1635.2 761.0 1462.2
自己資本比率 93.4% 72.7% 68.3% 37.8%
PBR 1.68 1.96 1.74 0.64
配当利回り 3.0% 1.1% 2.1% 2.4%
配当性向 50.9% 25.2% 29.2% 26.3%

 今週は比較。今週は個人的目線で好きな会社を比較してみます。一部投資家目線のも。比較の会社と数字は上記の通り。コーエーテクモとコンピュータゲーム関連。ゲストにゲームも売るエディオン

ゲームメーカーって博打打ちみたいな浮き沈み激しい会社が多いイメージではありますが(コンパイルとか潰れる会社多々。□も映画で大コケ。任天堂も天国も地獄も見てるしソニーも同様)なんすかねコーエーさんそんな博打打ちのイメージとは程遠い数字ですね。

弱いとこあるのかな~?って財務と高めな利益率。売上より利益を伸ばしてくるところもまた手堅くユーザーから搾取商売している感。特筆は、モバイルゲーム部門もあったりしますがコンシューマゲームも裸足で逃げ出す博打打ちしかいない業界(実際には手堅く利益出しているのはコンテンツ作成能力に優れるコンシューマゲーム系になってきた感)におもえますが、たいしたヒット出してないくせに黒字にまとめているところ。そこに注目という視点でもGOMIじゃなかったGUMIあたりよりいいかもしれません。

さて評価。カプコンといい勝負。売上規模に勝るカプコン、質に勝るコーエーってところですが成長性を加味してコーエーにより妙味がありそうです。とはいえ浮き沈みの激しい業界で生き抜いてきたカプコンもヒットを出すかもしれないのでわかりませんが。

DQ押しが目に余るスクエニはちょいと高めな気がしますが人気も存在感もありこんなもんだと思います。

エディオンは並べただけ。

日足週足月足の値動き判断

日足であげさげ
週足であげて停滞 
月足であげている感 
確認。

売買判断

テクニカル的には、 上げてるけど上は破れない感。長期で上昇がまだ続くと見込むならいい押し目になるかも。底は1463で底抜するなら逃げると。
ファンダ的には、カプコン比較で少々妙味あるかもくらいだけどこの辺りは好きなら持っときゃいいぐらいに思います。というわけでコーエー太閤立志伝つくれ。搾取されてあげるから。

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

相場は小康状態くらいでしょうか。株価の今後など自分にはさっぱりわかりません。わかるのは今のところ日本企業全体は感じるより堅調ぐらいでしょうか。海運は赤落ちしたみたいだけど。 

で、お名前コムでMSオフィスのサービスあるようだね。やればWINとMacタブレット共通で使える最新MSオフィス環境になるね。やろっかな。優待でこなせそう。

GMOクリックの手数料で回収できるじゃんとGMOいくつか持ってます。自分は取引回数自体は少ないっぽいし下手したら手数料はGMOグループの優待だけで賄えかねない勢い。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表