読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

市場統計推移記録表V1.2

スポンサーリンク

株価データから市場全体、一部の市場、各業種ごとのデータを統計し、そのデータを累積することにより市場分析の手助けをする目的のエクセルテンプレートです。

時価総額、予想利益、純資産、PER、PBR、配当状況を計算しデータを蓄積していきます。

日本株全銘柄 投資指標データ(CSVデータダウンロード可能)及び

日本株全銘柄 株価一覧表(CSVデータダウンロード可能)と共にお使いください。

このエクセルテンプレートにはマクロは使用しておりません。

また過去の株価・指標データがあればこのテンプレートをより活用できるでしょう。

gumroad.com


上記のページでサービス主のこもりばんさんが2015年以降のデータを販売されています。よりこれを活用されたい方にはおすすめです。

ファイルはこちら

市場統計推移記録表V1.2.xltx - Google ドライブ

投資・取引管理を目的とした株式投資運用記録表

市場の決算財務データの分析を目的とした市場決算財務データ統計比較表

銘柄の比較を目的とした株探データで銘柄比較表

の姉妹品も公開しています。

また豪華有料版の販売もしてます。

kamomenotoushi.hatenablog.com

できること・作成意図

株価データには、株価、市場、業種、発行株式数、予想EPS、BPS、一株配当などあります。これらを使うことによって市場全体、または業種ごとの時価総額、予想純利益、純資産を求めることが出来ます。
またそれらのデータを蓄積することによって全体あるいは個別業種の時価総額(株価)推移、予想純利益、保有純資産推移も把握することが出来ます。
データを蓄積し推移を確認することによって全体、各業種が好調、不調であるか。及びその変化の早期発見ができるかもしれません。またそれに対する投資家心理を測ることもできそうです。以上を活用し投資をより客観的及び洗練されたものにすることを目的としてます。
計算に関しては、時価総額・予想純利益・PERは、EPSを公表している企業のみによる集計、純資産・PBRはBPSを公表している企業による集計、配当項目は一株配当と予想EPSを公表している企業のみからの計算としておりデータがないものに関しては計算から除外する式を組んでおりますのでご注意ください。


また、複数の日のデータを貼り付けることによって銘柄の比較するシートを用意しました。
基準となる日、比較する日とおそらく最新のデータが貼り付けてある株価貼り付けシートのデータを比較します。
スクリーニングや、決算期や市場の下落時に各指標の変化の確認にお使いください。

 

参考記事:市場統計推移記録表の活用(いろいろ編)

 

おおまかな流れ

基本として薄緑のところが入力する部分です。
設定・現在データシートで集計したい項目を設定します。
上記を設定した上で、市場統計推移シートの1行目でその項目を選ぶとその項目を記録していくことでデータを蓄積していきます。
デフォルトで相当の項目が設定されていますので必要なければそのまま使用できます。
定期、不定期に日本株全銘柄 株価一覧表 様で取得されたデータを、株価貼り付けシートに貼り付けます。
設定した項目が市場統計推移シートに計算されますのでそれを値で貼り付けで蓄積していきます。
分析シートで累積したデータを用い比較分析が出来るようになっています。
特性上大きな視点で見ることを目的としてますので頻繁に更新する必要はなかろうと思います。週ごと、月ごと、三ヶ月ごと程度(年ごとでもいいかもしれません)で十分機能すると思われます。
また、株価データを貼り付ければ気が向いた時にデータを貼付け各銘柄の変化を比較してもいいでしょう。

各シートの説明

操作の様子が出てるものもありますがいずれも有料版のものです。無料版は見た目は劣りますが機能的にはさほど変わりません。

設定・現在データシート

集計するデータ設定を行います。また市場データで設定した項目を選択すれば集計時のデータも確認できます。
デフォルトで集計項目を設定してますが、任意で追加と編集を行えます。
設定した項目は、現在データシートあるいは市場統計推移シートで選べるようになります。
設定項目名を重複させると挙動がうまくいかなくなるので項目名は重複しないようにしてください。

 

市場統計推移シート

取得した株価貼り付けシートのデータから数字を計算し、設定・現在データシートで設定したデータを蓄積していきます。
任意の集計日に上部集計結果を下のデータ入力欄に値で入力していってください。

 

分析シート

市場統計シートの蓄積されたデータから日付を選択し分析あるいは変化を比較できます。
左上で日付を選択し、下部でフィルタを行い分析、あるいは項目の時系列変化を見れます。
下部フィルタ部の下方に自由記載項目を設けています。
上記以外の編集は挙動に影響するのもありあまりおすすめしません。

分析貼付用シート

分析シートでの比較に満足できない場合、データを貼り付けて比較分析するためのシートです。
基本的に自由に編集してください。 

日経平均銘柄貼り付けシート

日本株全銘柄 株価一覧表 - Hesonogoma Tips様の日経平均構成銘柄のデータを貼り付けます。
必要なデータは株価貼り付けシートから参照しますので日経平均構成銘柄が変わらないかぎりは一度貼れば更新する必要はありません。 

株価貼り付けシート

日本株全銘柄 株価一覧表様で取得したデータを貼り付けます。
設定した書式を保護するため値で貼り付けをおすすめします。日本株全銘柄 株価一覧表様ではエクセルCSVデータでDLできますのでDLファイルを保存しておくのをおすすめしておきます。
全市場データを取得していないと市場統計推移シートのデータは、まともに取れないので日本株全銘柄データを取得してください。
このデータチェックを機能させるためデータ取得の際はSC(最初の項目)でソートし確認した上でのデータ取得をするのをおすすめします。(日本株全銘柄 株価一覧表様ではユーザー操作を記録してくれる機能もあるようです)
データに不整合がある場合は条件付き書式で目立つようにしてあります。不整合がありましても全体からはまずは影響は軽微なものと思われますが必要でしたらデータを確認修正ください。
このファイルには2016/5/27に取得したデータを貼り付けています。 

銘柄比較基準日シート

銘柄比較する際に基準とする日のデータを貼り付けるシートです。
仕様は株価貼り付けシートに準じます。 

このシートには2015/12/30に取得したデータを貼り付けています。

銘柄比較比較日シート

銘柄比較する際に比較する日のデータを貼り付けるシートです。
仕様は株価貼り付けシートに準じます。 

このシートには2016/7/1に取得したデータを貼り付けています。

銘柄比較シート

貼り付けてある基準日シート、比較日シート、株価貼り付けシートのデータを比較します。
フィルタ等を使って比較分析にお使いください。
注目銘柄を登録しているとこれもフィルタできます。 

注目銘柄シート

保有銘柄や監視銘柄を登録しておくと銘柄比較シートにチェックが入りフィルタしやすくなります。 

諸注意

・改変自由です。ただし隠しているシートなどありますので編集の際はご注意ください。
・インターネット等不特定多数の方に配られるようなことを考える際はトップのTwitter等でご相談ください。
・知り合いに渡すぐらいでしたらご自由に。
・商業利用等お金を動かすようなことは基本禁止です。
・このファイルの製作者はこれを使用することによって発生したいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

ファイルビュー&ダウンロード

リンク先でプレビュー&DLできます。Google Driveの仕様により実際の書式と異なる部分があります。DLは枠内右上から。項目数が非常に多いです。

また豪華有料版の販売もしてます。

市場統計推移記録表V1.3豪華版

説明書は無料で確認できます。

市場統計推移記録表豪華版説明書.pdf - Google ドライブ

 

MSオフィスシリーズだとワードはまるで使えないしパワポは、使用機会が少ないし使えそうなワンノートはフリーだしで結局エクセル単品が賢い買い物な気がしてます。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

更新履歴

V1.0 公開 

V1.01 日本株全銘柄 株価一覧表様で日経平均TOPIXの追加の改良を受け、関数で自動取得、市場総銘柄数の取得の式を変更及び日経平均採用銘柄でBPSを公開してないものがある際に無視して計算するように変更

V1.1 設定・現在データシートを追加。集計項目設定をこのシートに集約。分析シートの訂正。

V1.2 銘柄比較機能を追加