似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(8766)東京海上ホールディングス/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

東京海上ホールディングスとその他 

株価

4248円(人々は、保険を見捨てにかかってる。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 8766 8630 8750 8729
会社名

東京海上

ホールディングス

損保ジャパン

日本興亜

ホールディングス

第一生命保険

ソニー

フィナンシャル

ホールディングス

市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 保険 保険 保険 保険
株価 4248 3519 1633.5 1967
時価総額(億) 32179.64 14616.25 19569.71 8556.45
予想売上(億) 43,279.8 32,823.4 70,960.0 13,400.0
予想営業利益(億) 3200.0 2300.0 3690.0 720.0
予想営業利益率 7.4% 7.0% 5.2% 5.4%
予想純利益 2200.0 1600.0 1610.0 470.0
PER 14.6 9.1 12.2 18.2
時総/収益(独自) 10.9 6.9 6.2 13.0
成長印象 利益上げ 利益上げ 利益上げ あげ
総資産 208757.7 101849.0 498888.0 99453.2
自己資本(億) 33663.1 16438.2 30204.9 5484.4
自己資本比率 16.1% 16.1% 6.1% 5.5%
PBR 0.96 0.89 0.65 1.56
配当利回り 2.5% 2.3% 2.1% 2.8%
配当性向 36.0% 20.2% 25.8% 50.9%

 今週は比較。今週は、金融系で目についたものを比較。予想公表してないのは実績とか近い数字で代入。数字少なくて金融の評価は苦手。金曜は飽きて駐車場。比較の会社と数字は上記の通り。保険な方々とゲストに何屋かわからなくなってきているソニーの保険屋。

自分は基本的に金融の評価は苦手です。数字公表しない上に評価にばらつきが多く、業績も不安定気味で比較しがたい感を感じているので。

その中で保険さんは利益を上げてきているようですが、いずれも山が過ぎた感で成長を感じるところは少なめ。

現在見える状態といえば、財務と収益力に優位な東京と損保が第一をPBRで上回る間で順当。人気があるのかフレッシュな感がするのかソニーは評価高いようですが、第一と対してかわらんというか若干劣る気もするところ。でも配当高いのね。このせいだね。

第一生命は低迷うんちゃら聞いた気もしますので第一生命の良化を信じられるなら第一が面白いかも。自分は信じるほど詳しくないけど。

全体的にはこんなもんかなあとしか思えない水準。

日足週足月足の値動き判断

日足でさげ 
週足であげてさげ 
月足であげも底抜けしたか?感
確認。

売買判断

テクニカル的には、 短期弱くも長期は強いと見れそうも長期移動平均線を抜けた感。トレンド転換の可能性は高そうな。あえて行くなら底3839で。これ抜けたら下わかんない感。
ファンダ的には、こんなもん感ばりばり。妙味ないと思うなー。ただ保険はお客さんがあまり逃げない事業に思えるので超長期で配当目当てとかで定期代わりとかするならそれぞれそれなりにありっぽい。新参のソニーも案外デカイし。

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

月曜日です。ゲームに釣られててあまりやる気無いですが、どのみちあまり売買しないのでやる気は関係なさそうです。というより決算越える前提の自分は決算時期さえやる気出してればいい気がしてます。

相場も落ち着いてきた模様。何かあった時というか起こるという予感で大きく動くけど大きく動き続ける事も中々できないと。結局はだいたい落ち着くことになる。価値にそれなりに見合った株価に。

そして保有会社の中期決算が発表されだしてるけど、大局的には影響なし(下方一件ありましたが)

リーマン時みたいに日本企業総討ち死にみたいな未来は今のところ予見しがたい。

・・お天気屋とか買えなさそうだね。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表