似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

(9503)関西電力/日記(比)

スポンサーリンク

 投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもあとから見なおして俺って馬鹿じゃんと問題認知確認するためにやりましょうという課題ですので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。 今日は比較。業績財務データはだいたい株探さん。株価は先週末終値

比較銘柄

関西電力とその他 

株価

1321.5円(人々は、極めて状態の悪い病人に働けるだろ?と期待している。)

各企業の数字と比較しての感想

コード 9503 9501 9506 9511
会社名 関西電力 東京電力 東北電力 沖縄電力
市場 東証一部 東証一部 東証一部 東証一部
業種 電気・ガス 電気・ガス 電気・ガス 電気・ガス
株価 1321.5 631 1512 2907
時価総額(億) 12405.36 10140.28 7603.58 764.17
予想売上(億) 33,600.0 68,024.6 21,100.0 1,844.0
予想営業利益(億) -786.0 3165.3 1480.0 74.0
予想営業利益率 -2.3% 4.7% 7.0% 4.0%
予想純利益 -1483.8 4515.5 750.0 39.0
PER -8.4 2.2 10.1 19.6
時総/収益(独自) -11.9 3.1 6.3 12.7
成長印象 大低迷 回復 回復 利益減
総資産 74778.3 144484.2 40457.5 4151.3
自己資本(億) 11658.5 23888.2 6542.7 1509.3
自己資本比率 15.6% 16.5% 16.2% 36.4%
PBR 1.06 0.42 1.16 0.51
配当利回り #VALUE! 0.0% #VALUE! 2.1%
配当性向 #VALUE! 0.0% #VALUE! 40.3%

 今週は比較。各地域で似たような事業をしている会社を比較してみます。テーマがらインフラ系が多め。比較の会社と数字は上記の通り。電力会社で東京VS大阪VS東北(仙台?)ゲストに原発持ってない沖縄さん。

えっと。関西さん帰ってください。としかいえません。

大アカだして東北さんとさして評価(PBR的に)変わらずとかお帰り頂きたい。

ゴタゴタを整理しきれない関西を尻目に東電、東北は震災のゴタゴタを整理してひとまず業績が落ち着いた感があります。

まだ東電は大爆弾を処理しきれてないようですが。逆に言うと爆弾を処理しきれないくせに業績を回復してくる東電はどんだけ顧客基盤が強いんだ?というお話にもなりそうです。

その東電、評価上ではPERが異常値の2.2。これは評価不合理です。不合理です。数字から言うなら安いという他ありません。

爆弾を無事処理すると見込める未来がくるなら(実際の処理完了は数十年先のようです)その不合理は今より訂正されるかもしれません。

もちろん、爆弾処理に失敗し潰れる可能性はあるでしょう。何回見ても宝くじです。割のいい宝くじかもしれません。

だらしないのが沖縄電力原発云々震災云々に無縁そうながら苦しそうな業績。評価も低めですが、利益も減らしてます。利益が回復する未来があるなら東北さんあたりに評価が近づくのかも?とは思います。

 

日足週足月足の値動き判断

日足であげたりさげたり 
週足であげてたれぎみ 
月足でさげてあげ 
確認。

売買判断

テクニカル的には、短期で方向が見えなく中期では弱いかな?というところ。長期では上げる傾向。赤字の会社に人々の期待はまだ大きくなるというなら底は1278で。いや、長期トレンドが続くとするならここはいいタイミングだと思います。ダメなら1278を基準にきればいい。 
ファンダ的には、検討の余地なし。その赤字をなんとかしてからにしてください。

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

自分のPFを眺めてますが、安いものを買うより安いところで買うこと、いいものを選ぶかより安く買えたかかがより影響力を持っていそう。安いいいの定義は人によって違うだろうけど。

安いところで買ってなかったなというものが足を引っ張る形。

ひとまず現状から言うなら安く買えないなら買わないほうがましとなりそう。

一方で自分は決算越える前提で買ってるので決算越えるごとに何を買ったのかが重要さを増していく予感。

見込み通りにそれが価値を増すのなら安くもないところで買ったものも安く買ったことになる。しかし価値を落とすようなら高いところで買ったことになる。

そうなれば切らなければならないだろうね。おそらくはより足を引っ張る形になっているだろうをそれを。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
株式長期投資 ブログランキングへ

記事補足してます。

用語解説(日記比較編)

この記事の表とデータは以下のツールで作成しました。

株探データで銘柄比較表