似非FPが投資のことをまったりのんびり考えるブログ

資格だけの名ばかり似非FPが株式投資をしながら考えたことを書いて整理して自分が投資家として成長できることを目指します

スリルとご褒美と投資の話

スポンサーリンク
自分はジェットコースターが好きです。

それも富士急ハイランドにあるようなスリリングなものが好きです。
高いところからドスンと落とされる。わけも分からなく振り回される。
それはとってもスリルがあって面白いんです。
ただ残念なことにスリルはあっても最善の事故対策はとられ一万回乗っても事故にはまずあわないようなある意味嘘のスリルだし、何よりもご褒美はなさそうです。それを乗り切ったあとの拍手があるかも程度。
嘘っぽくもあるスリル自体がご褒美という感じです。

しかし株式投資には扱い様によっては本物のスリルともしかしたらその後のご褒美があるんです。
扱い様によってはです。
扱い様によってはスリルを拒絶することも可能でしょう。

スリルの感じ方は簡単です。

貯金をすべて下ろし明日の生活費をも証券口座に入れて一つの銘柄を買えるだけ買いましょう。値動きが激しいのがおすすめです。信用取引にて入れたお金以上の株式を買うともっとよいでしょう。
ローンの残っている持ち家を担保にお金を借りてもいいですね。

そうすればあなたは今までの人生で感じたこともないハラハラ・ドキドキ、最高のスリルが味わえるでしょう。
ちょっとの値下げで”死”を感じるかもしれません。
そして運良くそのスリルを株高で乗り切ればそこにはご褒美もついてきます。
おそらくは手にしたこともない大金が手元に転がってくるでしょう。
死を感じたあとの生還、見たこともないご褒美はおそらくあなたが感じたこともない最高に面白く最高の快感としてあなたの脳に刻み込まれること請け合いです。

しかしながらそのジェットコースターには安全ベルトはありません。

そのスリルは嘘っぱちのスリルじゃなくて、本物のスリル。
一番高いところから地面に叩き落とされる危険があります。
もちろん本物の危険があるからこそ本物のスリルなんです。
そこで感じる死は本物だからこそ本物のスリルなんです。
本物のスリルを乗り越え大きなご褒美までもらったあなたはまたそのスリルと快感の再現を求め高いところから地面にたたきつけられ死ぬまでそれを求め続けるでしょう。
殆どの人はそんな快感を得たらそれから逃れられなくなるのです。

それを人はギャンブルといいます。

前置きが長すぎましたが株式投資を投資にしたいならそこにスリルも快感もあってはならないというお話です。
あなたが投資を行いたいなら断固としてスリルを拒絶しなければなりません。
スリルとそれを乗り切った後のご褒美のギャップ、それはおそらく人の感じうる最高の娯楽、そして快感なのかもしれません。
しかしそれは悪魔のささやきです。
その快感に身を染めたらあなたに人並み以上の自制心がない限りはできなくなるまでやり続けることになるでしょう。

投資にスリルがあってはならないのです。

投資はつまらないんです。スリルや射幸心などの面白さを求めるべきものではないし、つまらなくするべきなんです。
もしそれがスリルを感じるものならドキドキハラハラ面白いものに感じるなら、一刻も早く株式を叩き売るべきです。
そしてつまらなくする最高の手段はベットを下げることなんです。
面白くする最高の手段がベットを上げること、その逆です。
落ちても大丈夫な高さから落ちて死ぬ人はいないんです。

あなたの投資にスリルや射幸心はありませんか?
それらがあるならそれはギャンブルの入り口かもしれませんよ?
あなたがしたいのはギャンブルですか?投資ですか?

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。

金融・投資 ブログランキングへ