大河の一滴

大河の一滴

まったり一滴を注ぎ続け大河になる大河をつくることを目指す投資ブログ

MENU

(2281)プリマハム 日記(分)

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもいろんな企業の数字を見てみようという習慣でやってますので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。
記事は書き溜めておくためアップ時に最新データとずれてる可能性があります。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。

注目銘柄(市場/業種)

プリマハム

(東証一部/食料品)

株価

2547円(人々は高い山に挑戦続けひときわ高い山を征服したところ。)

業績財務と指標とそれに対する分析

f:id:kamomenotoushi:20181005210213j:plain

 今日は分析。継続高EOE企業(http://kamomenotoushi.hatenablog.com/entry/2016/02/28/000000)から気になったものをチョイスして分析します。プリマハム。ハム。数字は上記の通り。 業績データは主に四季報CD。最新株価・指標は2018年10月5日に取得。

長期に堅調以上。赤字は、2002年までに遡らないとなさそうです。その後はリーマンなども堅調に通過し2017年には利益水準もかなり上げて今に至る。ただ毎年前年超えするような感じでもなくで、毎年増収増益を期待するのは過剰かと。よくある順調な食品大手の傾向ですね。気になる大幅増益の2017年は「受取返戻金等の計上基準の変更を行っており、遡及処理の内容を反映させた数値で前連結会計年度との比較を行っております。」と言ってるね。遡及処理をしてるようなのでこれは会計所以の増益と見なさなくてもいいかな?ここを見ると「食肉で前期の輸入冷凍牛肉の在庫消化問題が解消したこと、加工食品事業本部も原材料価格の安定や生産性向上で収益が拡大し、大幅増益となった。」そうです。ここあたりでなんでも2020年までに売上5000億目指すようですが、目下堅調ですが過去のペース及び直近計画からみると若干背伸び気味感は感じます。とはいえ普通に堅調以上ですね。

財務。総資産純資産は伸びる傾向。自己資本比率自体は高くもないですが改善傾向にあります。ROEも落ちてはいないと見れそうなので普通に良化ですね。借入金自体は増えてますね。

CF。営業CFは堅調。2017年に大きく入ってますね。棚卸し資産などの影響も大きくこの水準がずっと続くかは微妙なところはあります。で、2015年くらいから設備投資を大きくしています。有形固定資産の取得推移も加速。売上目標のために動いてきている感はあります。FCFも借り入れに頼りながらマイナスが増えてきて投資期に来ている傾向。このへんあたりから成長を見込むのはありとなりそうです。同時に増配にも来ていますね。配当性向及びCFからはまだ増配余地はありそうです。もっとも食品大手はあまり配当性向上げるのには熱心じゃないという傾向はありそうですが。

評価。毎年成長というほどではないが安定味は抜群な方で大きな減益はあまり心配せずにのんびり成長を待つというのはありになりそうです。会社の状態も良さそうで投資期にもあたってそうでわりと妙味があるのではないか。2018年の下落でかなりPERも見れる水準にもなりこの方面からも悪くない選択に思えますが、歴史的にはもっと低い評価水準もありそれが再現する可能性をどう考えるかがポイントになってきそうです。

日足週足月足の値動き判断

日足でさげ
週足で上げてさげ
月足であげてさげ
確認。

売買判断

テクニカル的には、 長期に上昇も2018年に入り下落の形。現在は下落トレンドにあるとみなしておくべきかと。トレンド反転をどこに見るか?という視点は有り得そうです。押し目というよりは逆張りで底2435を見るのがいいと思う。ただ過去のドローダウンは4割程度でそろそろは考えられる水準にはもう来ています。とはいえ底を抜けるならとりあえず撤退様子見にすべきか。
ファンダ的には、会社の状態はよく投資を強化の状態。評価も落ちてきて妙味もあるかもしれない。ただもっと低いPERになるも可能性に入れて扱うのが良いと思います。

リンク

ヤフー:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2281

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=2281

IRBANK:https://irbank.net/2281

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

取り立ててなんもない。

 

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記分析四季報CD導入後)

(8111)ゴールドウイン 日記(分)

投資関連で日々比較や分析したり、思ったこと感じたことを書いていく日記です。 あくまでもいろんな企業の数字を見てみようという習慣でやってますので、ここに書いてあることを真に受けて損しても知りません。
記事は書き溜めておくためアップ時に最新データとずれてる可能性があります。厳密にやるわけでもなくアバウト判断の練習なのです。

注目銘柄(市場/業種)

ゴールドウイン

(東証一部/繊維製品)

株価

7580円(人々は、山を登りきり降りてまた次の山を目指す気を見せている。)

業績財務と指標とそれに対する分析

f:id:kamomenotoushi:20181005210016j:plain

 今日は分析。継続高EOE企業(http://kamomenotoushi.hatenablog.com/entry/2016/02/28/000000)から気になったものをチョイスして分析します。ゴールドウイン。スポーツウェア。数字は上記の通り。 業績データは主に四季報CD。最新株価・指標は2018年10月5日に取得。

長期に成長・・でもなくて2006年程度までは停滞かじりじり後退くらいで2007、2008年は営業赤字まで。売上は2010年まで利益は2008年まで減らしそこから反転。低迷感ある中でこらえるも赤字まで来てリストラに専念そこから反撃に来ている感のある業績推移です。赤字を解消してからはわりと破竹の勢い。2018年には利益をジャンプアップさせさあここからどうか?みたいな推移。2008年あたりはHPに情報がなく。有価証券報告書を見ると固定資産処分損が主ですね。固定資産売却でキャッシュインもありと。キャッシュアウトも大きくしてますね。やはり2008年に赤字で事業に大鉈を振るったと。そこから立て直しに成功して順調に来て2018年は大幅増益。売上は「アウトドア関連ブランドの好調推移が全社売上を大きく牽引した結果」利益は「増収による粗利益の増加に加え、直営店やeコマース販売等の自主管理型売上が拡大したこと、さらに発注流動管理強化による販売ロス削減、プロパー販売比率改善等により、粗利益率が向上しました」と言ってるね。アウトドア商品のヒットの中効率改善も重なったという感じでしょうか。この傾向どこまで。

財務。リーマン以後は見事な堅調ぶり。借入金は増やしてきてますが自己資本比率は波なので程よくリスクを取っているとは見れますね。実際CFから見ると十分返せる水準です。

CF。リーマン以後営業CF順調。特に2018年に跳ねてますね。投資CFは増やしてきてますが純投資っぽい有価証券の購入も多そうです。その中で気になるのは2017年の固定資産取得。何かわかりませんがかなり大きめな支出。早速2018年に利益が跳ねているので投資効果があったとはみなせそうです。それ以外の固定資産の取得の推移をみても控えめでわりとFCFが出やすい事業と言えそうです。実際FCFプラスが続いてます。そして現金もあまり出してますね。これがどう来るか?は注目しててもいいかもしれません。増配を繰り返してますが配当性向自体は控えめ。まだまだ増配余力はありそうです。と、思ったのか2018年は自社株買いしてますね。

評価。会社は文句のつけようもなく順調。投資して増益幅の大きいところは過ぎたかな?感もあり大幅増益はどうか?みたいなところはありますが。評価は高いですね。PER30越えは絶対的にも自身としても高めと思ってたほうが。順調ぶりを見てもっと高くなるはもちろんありえますがつまずきが見られるなら一気に下の方にも有り得そうな水準です。またオリンピック関連とも言えそうでテーマとして見られそこでも評価の上乗せがあるかもしれないとは疑ってたほうが。

日足週足月足の値動き判断

日足でさげ
週足であげてさげ
月足であげ
確認。

売買判断

テクニカル的には、週足まで下落の推移。も、日足で底値高値の切り上げとなってトレンド反転感。月足レベルではまだ上昇トレンドと見れそうで押し目となるは考えられるシナリオ。底を6740に見て入るのは十分ありかと。6740切ったら素直に調整がもっと深くなるあるいは下落トレンドと見て考え直しすべきだと思うけど。
ファンダ的には、高評価でつまりは高く注意は必要ですが、順調さをみて入るのはありかなと。注意しながらだよ。

リンク

ヤフー:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8111

株探:http://kabutan.jp/stock/?code=8111

IRBANK:https://irbank.net/8111

その時の感情気持ち(個人的な独断で考えたことも加えてみる)

特にないでござる。

 

記事を気に入ってくださった方は↓をクリックしてくれると嬉しいです。
 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 

記事補足してます。

用語解説(日記分析四季報CD導入後)